コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テグスサン テグスサン Eriogyna pyretorum

2件 の用語解説(テグスサンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テグスサン
テグスサン
Eriogyna pyretorum

鱗翅目ヤママユガ科。フウサンとも呼ばれる。体,翅とも褐色。成虫は年1回発生し,幼虫はフウ,クスノキヤナギの葉を食べる。台湾,中国南部,海南島,インドシナ半島などで飼育され,幼虫の絹糸腺からてぐすが生産される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テグスサン
てぐすさん / 楓蚕
fish-line silkworm
[学]Eriogyna pyretorum

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤママユガ科に属するガ。はねの開張90~120ミリメートル。雄より雌のほうが大形。前翅の中央部と外縁部および後翅は白く、横脈上に大きな眼状紋があって紫黒色の環で縁どられている。前翅頂部には赤斑(せきはん)があり、その内側に黒条がある。中国の原産で、中国南部、ことに海南島で絹糸(けんし)虫として飼養され、インドシナ半島や台湾でも飼われている。年1回の発生で、幼虫はフウ、クスノキなどで飼育される。繭あるいは幼虫の絹糸腺(せん)からとった糸はテグスとよばれ、優れた釣り糸、外科用縫合糸などに利用されてきたが、化学繊維の発達によって、その需要はしだいに減少してしまった。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テグスサンの関連キーワード樟蚕天蚕糸蚕山繭ヒマサンエゾヨツメクスサン(樟蚕)セクロピア蚕テグスサン(天蚕糸蚕)ヤママユ(山繭)ヨナグニサン(与那国蚕)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone