コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テグスサン Eriogyna pyretorum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テグスサン
Eriogyna pyretorum

鱗翅目ヤママユ科。フウサンとも呼ばれる。体,翅とも褐色。成虫は年1回発生し,幼虫フウクスノキヤナギの葉を食べる。台湾,中国南部,海南島インドシナ半島などで飼育され,幼虫の絹糸腺からてぐすが生産される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テグスサン
てぐすさん / 楓蚕
fish-line silkworm
[学]Eriogyna pyretorum

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤママユガ科に属するガ。はねの開張90~120ミリメートル。雄より雌のほうが大形。前翅の中央部と外縁部および後翅は白く、横脈上に大きな眼状紋があって紫黒色の環で縁どられている。前翅頂部には赤斑(せきはん)があり、その内側に黒条がある。中国の原産で、中国南部、ことに海南島で絹糸(けんし)虫として飼養され、インドシナ半島や台湾でも飼われている。年1回の発生で、幼虫はフウ、クスノキなどで飼育される。繭あるいは幼虫の絹糸腺(せん)からとった糸はテグスとよばれ、優れた釣り糸、外科用縫合糸などに利用されてきたが、化学繊維の発達によって、その需要はしだいに減少してしまった。[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

テグスサンの関連キーワード天蚕糸蛾天蚕蛾天蚕糸釣糸絹糸井上野蚕楓蚕

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android