コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テスト・マーケティング test marketing

3件 の用語解説(テスト・マーケティングの意味・用語解説を検索)

ブランド用語集の解説

テスト・マーケティング

テスト・マーケティングとは、新製品発売の際にリスクを軽減するため地域や期間などを限定してその製品を試験販売し、消費者の反応を実験することをいう。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テスト・マーケティング
テスト・マーケティング
test marketing

新製品を本格的に全国市場に導入する前に特定商圏に実験的に導入し,製品力,その販売のためのマーケティング計画・政策をチェックするとともに,販売を予測すること。テスト地域としては静岡や広島が選ばれることが多いが,それは,それらの都市の生活が全国平均に近いことや,流通や広告をコントロールしやすいことなどによる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テスト・マーケティング
てすとまーけてぃんぐ
test marketing

新製品を本格的に市場で販売する前に、市場の反応をテストするため、試験的に選んだ限定市場(テスト・マーケット)で実際に売ってみること。テスト・マーケティングの目的は、単に意見を聞くのではなく、実際に販売してみることによって、新製品について広範で正確な情報を獲得し、本格的販売の価格、広告宣伝の戦略策定を実効あるものにすることである。そのため、テスト・マーケットは、販売予定市場の諸特性を代表するものでなければならない。
 具体的には、顧客の年齢、性別、所得、家族構成のような人口学的特性や、趣味、嗜好(しこう)、ライフスタイルなどの文化的特性が十分吟味されなければならない。また、テスト期間も慎重に検討されなければならない。短すぎては十分な情報が得られず、長すぎれば競争者の模倣や追従が可能になるからである。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テスト・マーケティングの関連キーワードブランド化サービス市場(マーケット)購買力サービスラインポイントサービスシルバーサービスコアターゲットカスタマイゼーショントレード・ショーローン販売

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テスト・マーケティングの関連情報