コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テフロン テフロン Teflon

翻訳|Teflon

8件 の用語解説(テフロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テフロン
テフロン
Teflon

フッ素樹脂の一種,ポリテトラフルオロエチレンデュポン社の商品名。フッ素樹脂熱可塑性樹脂の一種で,あらゆる薬品に耐え,また 200℃以上の高温にも-100℃の低温にも耐えるというすぐれた性能をもった合成樹脂である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

テフロン(Teflon)

弗素(ふっそ)樹脂のポリ四弗化エチレンの商標名。耐薬品性・耐水性・耐熱性にすぐれ、機械部品・電気絶縁材などのほか、フライパンアイロンに用いられる。米国デュポン社が開発。「テフロン加工」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

テフロン

米国のデュポン社の製造するフッ(弗)素樹脂の一つポリテトラフルオロエチレンの商品名。第2次世界大戦中に原爆製造のための材料として開発され,戦後工業生産化された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

テフロン

 四フッ化エチレン (CF2=CF2) の重合体.耐熱,耐薬品性が大きい合成樹脂.テフロンは商品名.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

テフロン【Teflon】

フッ素樹脂の一つであるポリテトラフルオロエチレンの商品名。第2次世界大戦中,デュポン社が,原爆製造工程用材料として開発,戦後工業化した。フッ素樹脂【森川 正信】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

テフロン【Teflon】

フッ素樹脂の一つであるポリテトラフルオロエチレンの商標名。 → 弗素ふつそ樹脂

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

テフロン【Teflon】

フッ素樹脂の一つ、ポリテトラフルオロエチレンの、アメリカのデュポン社の登録商標。耐熱性・耐薬品性・難燃性・非粘着性にすぐれ、半導体情報機器自動車・建材などの原材料や製造工程に用いる。なかでも、食材が焦げついたり汚れがこびりついたりしにくいことからフライパン、鍋、ガスレンジ、炊飯器の内釜などの調理器具の、また、撥水(はっすい)性・防汚性を高めるために防寒着、雨具、靴などの繊維製品コーティングに多用される。◇1930年代後半に、デュポン社のロイ・J・プランケットが開発した。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テフロン
てふろん
Teflon

アメリカのデュポン社が開発した各種類のフッ素樹脂の商品名で、日本では三井・デュポンフロロケミカルが製造販売している。人工血管人工心臓などの医療用素材や新しい建築材料、フライパンのコート材などに用いられている。[垣内 弘]
『藤塚光政著『どうなってるの? 身近なテクノロジー』(2002・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のテフロンの言及

【化学繊維】より

…吸湿性は0.5%と低いので,乾燥時の強度4.0~5.3g/dは湿潤時も変わらない。
[ポリフルオロエチレン系]
 ポリテトラフルオロエチレンすなわちテフロンTeflon(商標)を繊維化したものである。テフロンは無機・有機溶媒に不溶で耐薬品性が高く,しかも400℃以上の高温で溶融するだけなので,紡糸は難しかったが,デュポン社の技術陣が水性コロイド分散液から紡糸する方法を開発し,解決した。…

【フッ素樹脂(弗素樹脂)】より

…フッ素樹脂フィルムをラミネートした鋼板は,耐候性,耐薬品性にすぐれ,メンテナンスフリーの恒久建造物に用いられる。 工業的によくつくられているのは,ポリテトラフルオロエチレン(四フッ化樹脂)およびポリクロロトリフルオロエチレン(三フッ化樹脂)である(テフロンTeflonは前者に対するデュポン社の商品名)。第2次大戦中,原子爆弾製造に必要なウラン235の濃縮工程で使用されるフッ素やフッ化水素酸に耐えうる材料として開発され,戦後工業化された。…

【化学繊維】より

…吸湿性は0.5%と低いので,乾燥時の強度4.0~5.3g/dは湿潤時も変わらない。
[ポリフルオロエチレン系]
 ポリテトラフルオロエチレンすなわちテフロンTeflon(商標)を繊維化したものである。テフロンは無機・有機溶媒に不溶で耐薬品性が高く,しかも400℃以上の高温で溶融するだけなので,紡糸は難しかったが,デュポン社の技術陣が水性コロイド分散液から紡糸する方法を開発し,解決した。…

【フッ素樹脂(弗素樹脂)】より

…フッ素樹脂フィルムをラミネートした鋼板は,耐候性,耐薬品性にすぐれ,メンテナンスフリーの恒久建造物に用いられる。 工業的によくつくられているのは,ポリテトラフルオロエチレン(四フッ化樹脂)およびポリクロロトリフルオロエチレン(三フッ化樹脂)である(テフロンTeflonは前者に対するデュポン社の商品名)。第2次大戦中,原子爆弾製造に必要なウラン235の濃縮工程で使用されるフッ素やフッ化水素酸に耐えうる材料として開発され,戦後工業化された。…

※「テフロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テフロンの関連キーワードテトラクロロエチレンフッ素樹脂弗素樹脂TFEフッ素樹脂(弗素樹脂)フッ素樹脂フィルムペルフルオロアルコキシフッ素樹脂ポリクロロトリフルオロエチレンポリテトラフルオロエチレンポリフルオロエチレン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テフロンの関連情報