コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テラ てら

9件 の用語解説(テラの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

テラ

10の12乗を意味する単位の接頭語で、Tと表記する。コンピューターの分野では2進数が基本となるため、2の10乗が10の3乗の代わりに使われるので、テラというと2の40乗をいう。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

テラ(tera)

国際単位系(SI)で、単位の上に付けて1兆倍(1012)を表す語。記号T

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

テラ

1012倍を意味する接頭語。記号T。国際単位系(SI)でSI接頭語一つとして採用されている。
→関連項目ハードディスク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

テラ

正式社名「テラ株式会社」。英文社名「tella, Inc.」。サービス業。平成16年(2004)設立。本社は東京都港区赤坂。医療支援事業会社化学療法放射線療法組み合わせた独自のがん治療技術・ノウハウを契約医療機関に提供。JASDAQ上場。証券コード2191。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テラ【tera】

ある量を表すときの単位につける接頭語で,1012倍の意味。記号にはTを用いる。国際単位系(SI)でSI接頭語の一つとして採用されている。例えば,80×1012Hz(ヘルツ)の周波数であれば,80THz(テラヘルツ)と表せる。【大井 みさほ】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

テラ【tera】

単位に冠して、10の12乗、すなわち1兆を表す語。記号 T  

テラ【terra】

土。大地。陸地。地球。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テラ
テラ
Tela

ホンジュラス北西部の都市。首都テグシガルパの北約 200km,カリブ海テラ湾にのぞむ港湾都市。テラ川をはさんでテラ村の対岸に,アメリカ合衆国ユナイテッドフルーツ社により,バナナ積出港として建設された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

テラ
テラ
tera-

単位の 1012 倍 ( 1 兆倍) を表わすSI 接頭語。記号はT 。たとえば 1TeV=1012eV である。ギリシア語テラス (巨怪) に由来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テラの関連情報