コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テリアカ テリアカtheriaca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テリアカ
theriaca

解毒薬。 50~60年頃ローマ皇帝ネロの侍医アンドロマクスが発明したといわれ,当初は毒蛇咬傷解毒薬で,約 70種の薬物からなる薬方であった。東洋には7世紀に伝わり,中国の『新修本草』 (659) に外国渡来の薬方として記載されている。中世には黒死病 (→ペスト ) など感染症の特効薬として使われ,以来 19世紀まで,洋の東西で万能薬として珍重された。材料の薬種や数は国,時代によって多種多様であったが,ヘビは必ず入っていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

テリアカ

ローマ時代に作られた万能の解毒薬。ネロの侍医アンドロマコスが66種の薬物を配合して製したといわれる。その後,処方は種々に変化したが,17世紀ころまでヨーロッパで貴重薬とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android