テンニンチョウ(読み)てんにんちょう(英語表記)pin-tailed whydah

日本大百科全書(ニッポニカ)「テンニンチョウ」の解説

テンニンチョウ
てんにんちょう / 天人鳥
pin-tailed whydah
[学] Vidua macroura

鳥綱スズメ目ハタオリドリ科の鳥。同科テンニンチョウ属9種中の一種。この属はアフリカにのみ分布し、テンニンチョウはセネガル、エリトリア間以南、旧ケープ州(現・西ケープ、東ケープ、北ケープ州)にわたり生息する。全長約30センチメートル。嘴(くちばし)は赤いが頭背部は黒色、その他は白色の鳥で、繁殖期には雄の黒色の尾羽4枚がとくに長くなり25センチメートルくらいに伸びる。草原、低木林、耕地などに小群で生息し、草本の種子、漿果(しょうか)を好むが、昆虫やクモなども食べる。不安定にみえる飛翔(ひしょう)、上空での停飛と躍動などが特徴である。飼い鳥として日本への輸入も少なくない。

[坂根 干]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android