テンペスト(英語表記)The Tempest

デジタル大辞泉の解説

テンペスト【The Tempest】[作品名]

シェークスピア戯曲。5幕。1611年作。領地を奪われたミラノ公爵が、魔法によってを起こし、弟らのを難破させ復讐するが、のちに和解し領地に帰る。作者の最後の作品。
ベートーベンのピアノソナタ第17番の通称ニ短調。1802年の作。名称は、ベートーベンが弟子シンドラーに、同曲の理解のためにを読むよう語ったという逸話にちなむ。

テンペスト(tempest)

嵐。暴風雨。また、動乱。
[補説]作品名別項。→テンペスト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

テンペスト

池上永一の小説。「若夏の」「花風の巻」の2部からなる。19世紀の琉球王朝を舞台に、男装の麗人が活躍する歴史エンターテインメント。2008年刊行。2011年、NHKBSにてテレビドラマを放映。舞台化作品もある。

テンペスト

1928年製作のアメリカ映画。原題Tempest》。監督:サム・テイラー、出演:ジョン・バリモア、カミルラ・ホルン、ルイス・ウォルハイムほか。第1回米国アカデミー賞美術賞受賞。

テンペスト

ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンのピアノソナタ第17番(1802)。原題《Der Sturm》。名称は同曲の解釈について、ベートーヴェン自らが弟子のシンドラーに対し「シェークスピアの『テンペスト』を読め」と言ったことに由来する。

テンペスト

アメリカのシンガー・ソングライター、ボブ・ディランのアルバム。自身のレコードデビュー50周年となる2012年に発表。全英アルバム・チャート、全米チャート共に3位を獲得。原題《Tempest》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テンペスト
てんぺすと
The Tempest

イギリスの劇作家シェークスピアの喜劇。通常「ロマンス劇」と称せられる作品群の一つ。嵐(あらし)の意味。1611年11月1日宮廷で初演。単独作としては彼の最後の作品である。出版は1623年。邪悪な弟アントニオにミラノ公国を奪われたプロスペローは娘ミランダとともに孤島に住んでいるが、魔法によって弟やナポリ王アロンゾらの乗った船を難破させる。彼らはこの島に漂着するが、アロンゾの子息ファーディナンドがミランダと恋に陥る。彼女はこれまで、男といっては、父と召使いの怪物キャリバンしか見たことがなかったので、彼女はいわば第三の男に恋をしたことになる。彼はプロスペローの課した厳しい試練に耐えて、結婚を許される。アントニオも公爵領を返還することを条件に罪を許される。プロスペローは魔法の杖(つえ)を折り、長らく召し使った妖精(ようせい)エアリエルを解放し、一同とともに帰国することになる。時間と場所と筋の統一を主張する古典主義のいわゆる「三一致の法則」を守ったシェークスピア唯一の戯曲である。単独作としては最後の作品であるところから、作者が劇壇引退の心境をプロスペローに託したと解する批評家もいるが、晩年のシェークスピア劇に共通した和解のテーマが顕著である。

[小津次郎]

『豊田実訳『あらし』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

テンペスト

(原題The Tempest) 戯曲。シェークスピア作。一六一一年初演。一六二三年刊。弟アントニオの陰謀で領地を奪われ、孤島に流された公爵プロスペロが絶望をふみこえて復讐と和解をとげる伝奇的悲喜劇。作者最後の作。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報