コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テ・デウム Te Deum

翻訳|Te Deum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テ・デウム
Te Deum

「われ,汝を神とほめまつる」 Te Deum laudamusに始る賛歌で,すべてのラテン賛歌中最も普遍的に用いられているものである。聖務日課中,朝課 (聖公会では早祷) その他,感謝を表わすときに用いられる。その起源については諸説があり,かつてはアンブロシウスアウグスチヌスの作とされ,近代の研究ではレメジアナの司教ニチェタ (335頃~415頃) の作とする説が有力であったが,その形式の分析によって,アリウス派の論争の始る 318年から聖霊のペルソナに関する3句の出現する 350年までの間にその原形が形成されたものと推定される。音楽作品としては,ヘンデル,サリバン,ベルリオーズブルックナーらのものが著名である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

テ・デウム

オーストリアの作曲家アントン・ブルックナーの独唱・合唱と管弦楽のための宗教合唱曲(1881-84)。原題《Te deum》。ラテン語で「神よ、あなたを称えます」を意味する。後期ロマン派の宗教音楽の最高傑作の一つと称される。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

テ・デウムの関連キーワードシャルパンティエ:プレリュード (「テ・デウム」より)/other chamber musicsブルックナー(Josef Anton Bruckner)クシシュトフ ペンデレツキアルブレヒツベルガーサクソフォーンオーストリアボノンチーニフェスタシュルツサービス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android