コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テ・デウム テ・デウムTe Deum

翻訳|Te Deum

2件 の用語解説(テ・デウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テ・デウム
テ・デウム
Te Deum

「われ,汝を神とほめまつる」 Te Deum laudamusに始る賛歌で,すべてのラテン賛歌中最も普遍的に用いられているものである。聖務日課中,朝課 (聖公会では早祷) その他,感謝を表わすときに用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

テ・デウム

オーストリアの作曲家アントン・ブルックナーの独唱・合唱と管弦楽のための宗教合唱曲(1881-84)。原題《Te deum》。ラテン語で「神よ、あなたを称えます」を意味する。後期ロマン派宗教音楽の最高傑作の一つと称される。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

テ・デウムの関連キーワードテ・デウムテ・デウム

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テ・デウムの関連情報