テーゼ(読み)てーぜ(英語表記)thesis 英語

日本大百科全書(ニッポニカ)「テーゼ」の解説

テーゼ
てーぜ
thesis 英語
These ドイツ語
thèse フランス語

ある観念をまとめて表現・主張する文章。定立あるいは措定(そてい)ともいう。定立に対立するのがアンチテーゼAntithese(ドイツ語。反定立)で、特定の肯定的主張に対応する否定的主張をいう。両方の矛盾・対立が統一された状態をジンテーゼSynthese(ドイツ語。総合)という。カントの二律背反では、同等の権利をもって語ることのできる、世界についての根本主張の最初の肯定的なほう、たとえば「自由は存在する」が定立であり、反定立は「自由は存在しない」である。フィヒテは、自我と非我の対立を、両者をともに可能にする第三者の内に総合する立場を、「定立―反定立―総合」と定式化した。

[加藤尚武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「テーゼ」の解説

テーゼ

〘名〙 (These)
① ある問題について提出された命題。提議。主張。〔アルス新語辞典(1930)〕
※方丈記私記(1970‐71)〈堀田善衛〉八「定住者の文学、旅行者の文学、というテーゼを考えたことがあった」
② ヘーゲルの弁証法で、認識の出発点となる肯定的主張。定立。
※ラヂオ・モンタージュ(1931)〈寺田寅彦〉「其の芸術の技法には〈略〉テーゼ、アンチテーゼの綜合も勿論暗黙の間に諒解されて居るが」
③ 政治運動の活動方針となる綱領。〔モダン新用語辞典(1931)〕
ダイヴィング(1934)〈舟橋聖一〉二「素破抜けて活気のある新進評論家の提唱するテーゼの審議がはじめられた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android