テーゼ(英語表記)〈ドイツ〉These

大辞林 第三版の解説

テーゼ【These】

定立ていりつ
政治運動などで、運動の基本的な方向・形態などを定めた方針ないし方針書。綱領こうりよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テーゼ
てーぜ
thesis英語
Theseドイツ語
thseフランス語

ある観念をまとめて表現・主張する文章。定立あるいは措定(そてい)ともいう。定立に対立するのがアンチテーゼAntithese(ドイツ語。反定立)で、特定の肯定的主張に対応する否定的主張をいう。両方の矛盾・対立が統一された状態をジンテーゼSynthese(ドイツ語。総合)という。カントの二律背反では、同等の権利をもって語ることのできる、世界についての根本主張の最初の肯定的なほう、たとえば「自由は存在する」が定立であり、反定立は「自由は存在しない」である。フィヒテは、自我と非我の対立を、両者をともに可能にする第三者の内に総合する立場を、「定立―反定立―総合」と定式化した。[加藤尚武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

テーゼ

〘名〙 (These)
① ある問題について提出された命題。提議。主張。〔アルス新語辞典(1930)〕
※方丈記私記(1970‐71)〈堀田善衛〉八「定住者の文学、旅行者の文学、というテーゼを考えたことがあった」
② ヘーゲルの弁証法で、認識の出発点となる肯定的主張。定立。
※ラヂオ・モンタージュ(1931)〈寺田寅彦〉「其の芸術の技法には〈略〉テーゼ、アンチテーゼの綜合も勿論暗黙の間に諒解されて居るが」
③ 政治運動の活動方針となる綱領。〔モダン新用語辞典(1931)〕
ダイヴィング(1934)〈舟橋聖一〉二「素破抜けて活気のある新進評論家の提唱するテーゼの審議がはじめられた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テーゼの関連情報