コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディスパッチャー でぃすぱっちゃ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ディスパッチャー

一連のデータ、あるいは制御の流れを、その内容や用途に応じて振り分ける処理を行なうシステム。たとえば、マルチプロセスOSで、次にどのプロセスを実行させるかを決めるモジュールや、負荷分散システムにおいてクライアントからの処理要求を受け取り、負荷や機能を考慮しながら各サーバーへ処理を割り振るソフトウェア(やハードウェア)のことを指す。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

ディスパッチャー

民間の定期航空会社の飛行管理責任者。地上パイロットとも呼ばれ、フライト計画のチェックから、計画書の作成、フライト遂行のための指示まで幅広い。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

ディスパッチャー【dispatcher】

(航空機の)運航管理者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディスパッチャー
でぃすぱっちゃー
dispatcher

運航管理者。飛行の安全を管理するために、航空運送(航空輸送)事業を行う定期および不定期の航空会社に置くことを義務づけられている。機長は、ディスパッチャーの承認を受けなければ、出発できず、またその飛行計画の変更もしてはならない。ディスパッチャーは、国が行う運航管理者技能検定(学科試験および実地試験)に合格し、さらに会社の行う資格審査に合格しなければならない。運航管理者技能検定を受けるには、21歳以上で、操縦、気象業務、無線設備の操作、航空交通管制(ATC)業務の一つまたは二つの2年以上の経験、または運航管理補助業務の1年以上の経験が必要となる。ディスパッチャーは、以前は各空港に配置されていたが、機数や路線が増えるにつれ、航空会社は運航管理を効率的に実施するため、運航管理の集中化を図り、一つ(またはいくつか)の空港に集中的に配置されるようになっている。航空機の運航について、出発準備から飛行の終了まで、機長と協力してこれを管理する責任がある。具体的な任務は、乗員の管理、運航情報の収集点検、飛行計画の作成および機長への説明、航空交通管制機関への通報、関係先との連絡、飛行状況の把握、緊急事態発生時の機長への援助と連絡、飛行終了後の検討などである。[青木享起・仲村宸一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ディスパッチャーの関連キーワード民間一連

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android