コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デフォルマシオン 〈フランス〉déformation

デジタル大辞泉の解説

デフォルマシオン(〈フランス〉déformation)

絵画・彫刻などで、対象を変形して表現すること。また、その技法。変形。歪曲(わいきょく)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

デフォルマシオン【déformation】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デフォルマシオン

デフォルメ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デフォルマシオン
でふぉるましおん
dformationフランス語

変形、歪(わい)形とも訳される。対象の自然で正常な形態をゆがめて表現すること。日本ではその動詞形・形容詞形(過去分詞形)のデフォルメdformer, dform(e)ともども、とりわけ美術用語として多用される傾向にある。視覚像の忠実な再現・描写を目ざす写実から離れ、芸術家の内的な主観が強調される表現主義的な美術や、現実の対象に基礎を置きながらも新たな造形を追求する美術において、デフォルマシオンは基本的な表現手段となる。写実の束縛から解き放たれた後期印象派以降の近代美術にデフォルマシオンが顕著に認められるのは当然のこととしても、それ以前の、たとえばマニエリスム美術の異常に引き伸ばされたプロポーションや、戯画・風刺画の誇張された表現などにもそれは認められよう。もっとも、一般的にいって程度の差はあれ、ある種のデフォルマシオンはあらゆる芸術表現に必然的にみられるものであり、そこに時代や地域や個人の様式的特徴があるともいえる。しかし、基本的には写実的表現技法の成立が根底にあって、そうした表現を意図的にゆがめるときにデフォルマシオンの語が用いられ、もともと写実的表現が未発達の原始美術においては、この語はあまり用いられないように思われる。[大森達次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デフォルマシオンの関連キーワードデフォルマシオンロマネスク美術ゴーゴリノルデ絵画

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android