コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デューリング デューリングDühring, Karl Eugen

5件 の用語解説(デューリングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デューリング
デューリング
Dühring, Karl Eugen

[生]1833.1.12. ベルリン
[没]1921.9.21. ノワウェス
ドイツの哲学者,経済学者。最初ベルリン大学で法律を学び,司法官を志したが,1861年失明,哲学,経済学の研究に転じた。 65年ベルリン大学講師となり,哲学,経済学を講じたが,77年講壇を追われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

デューリング

ドイツの哲学者,経済学者,社会主義者。ベルリン大学で哲学,経済学を講じたが,社会主義に接近し,大学を追われた。ラサールおよびマルクスに反対し,エンゲルスの集中的批判を受けた(《反デューリング論》1878年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デューリング【Karl Eugen Dühring】

1833‐1921
ドイツの哲学者,経済学者,社会主義者。ベルリン近郊で官吏の子として生まれたが幼時に両親と死別,孤児院で成長。法学を学び裁判所に務めたが失明,この悪条件にもかかわらずベルリン大学私講師となり,哲学および経済学を講じた。1873年の《国民経済学ならびに社会経済学教程》および75年の《哲学教程》で脚光を浴び,ドイツの社会主義運動家たちの間でも共感を生んだ。75年のゴータ大会(ゴータ綱領)において,それまでのラサール派とマルクス派とが合同して成立したドイツ社会主義労働者党(後のドイツ社会民主党)の一部に対するデューリングの影響には絶大なものがあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

デューリング【Karl Eugen Dühring】

1833~1921) ドイツの哲学者・経済学者。唯物論的な実証主義の立場から社会主義を説いた。著に、「自然弁証法」「現実哲学」など。エンゲルスによる「反デューリング論」によって知られる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デューリング
でゅーりんぐ
Karl Eugen Dhring
(1833―1921)

ドイツの哲学者、政治経済学者。ベルリンに生まれ、法学を学んで司法官見習い実習生になったが、眼病のために断念し、哲学に転じた。1861年失明するも学位を取得、1863年よりベルリン大学で哲学と経済学を講ずる。カント主義者として出発したが、のちには形而上(けいじじょう)学に反対して「現実哲学」を唱え、自然科学と両立しうるような世界の包括的説明を目ざした。しかし意識の活動を機械的な過程ととらえるその認識論は、素朴な唯物論的実証主義にとどまり、宇宙の進化を原初的存在の発展とみなす理論は独断的形而上学の水準を出ていない。宗教や神秘主義を攻撃して社会主義に近づく反面で、共感の感情に基づく道徳を説き、資本家と労働者の利害は自由競争によって調停されうると主張して、マルクスには反対した。愛国主義者、反ユダヤ主義者として大衆受けし、一時期ドイツ社会民主党にも影響を与えたが、1877年には大学を追われ、また『反デューリング論』でエンゲルスに徹底的に批判されるなどあって、晩年には孤立し、失意のうちにポツダムで没した。主著に『自然弁証法』(1865)、『批判的哲学史』(1869)、『国民経済学と社会主義の批判的歴史』(1871)、『ユダヤ人問題』(1881)などがある。[藤澤賢一郎]
『エンゲルス著、粟田賢三訳『反デューリング論』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デューリングの関連キーワード島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群カルリスタ戦争工場法天保の飢饉天理教(てんりきょう)フォークランド戦争ノーベル賞

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone