コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デリー・サルタナット Delhi Sultanate

世界大百科事典 第2版の解説

デリー・サルタナット【Delhi Sultanate】

北インド一帯を支配したイスラム諸王朝。デリーに都を置き,ムスリムの君主(スルタン)が支配したため,この名称で呼ばれ,デリー・スルタン朝,デリー諸王朝とも総称される。普通,歴史的には奴隷王朝(1206‐90)に始まり,ハルジー朝(1290‐1320),トゥグルク朝(1320‐1413),サイイド朝(1414‐51),ローディー朝(1451‐1526)までの5王朝,320年間を指していうが,その語の意義上からは,スール朝(1538‐55),ムガル帝国(1526‐38,1555‐1858)までも含んでよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のデリー・サルタナットの言及

【アイバク】より

…1206年,ムハンマドが暗殺されたのち,北インド領の支配者として立ち,10年,正式にスルタンとなる。デリーに都をおくスルタンによるインド支配,デリー・サルタナットはここに始まった。【小名 康之】。…

【インド】より

…都市の商人や職人も職業的な組合を組織し,その有力者たちは王朝の地方支配の一翼を担わされた。
[ムスリムの制度]
 13世紀以後のデリー諸王朝(デリー・サルタナット)は異民族出身のムスリムが築いたもので,彼らの故地がモンゴルに占領されたため切り離され,インドに定着した国家となった。諸王朝はムスリム国家の理念とイスラム法を尊重したが,大多数を占めるヒンドゥーには改宗を強制せず,またヒンドゥーの社会制度に干渉せず,彼らの政治制度を利用して支配した。…

【トゥグルク朝】より

…1320‐1413年。いわゆるデリー・サルタナット第3番目のトルコ系王朝で,ハルジー朝に代わって,ギヤースッディーン・トゥグルクGhiyāth al‐Dīn Tughluq(在位1320‐25)によりデリーを都として建てられた。第2代王ムハンマド・ブン・トゥグルクMuhammad b.Tughluq(在位1325‐51)と次王フィーローズ・シャー・トゥグルク(在位1351‐88)のときが最盛期。…

【ローディー朝】より

…北インドのデリー・サルタナット第5番目の王朝。1451‐1526年。…

※「デリー・サルタナット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デリー・サルタナットの関連キーワードジャラール・ウッディーン・ハルジーフィーローズ・シャー・トゥグルクアラー・ウッディーン・ハルジーアラー・ウッディーン・ハルジークトゥブッディーン・アイバクムハンマド・ビン・トゥグルククリシュナデーバラーヤニザーム・ウッディーンインド・イスラム文化デリー・サルタナットシカンダル・ロディーフィーローズ・シャーマリク・カーフールトゥグルカーバードビジャヤナガル王国ダウラターバードカーカティーヤ朝イレトゥミシュチシュティー派バフマニー朝

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android