コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイイド朝 サイイドちょうSayyid

翻訳|Sayyid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイイド朝
サイイドちょう
Sayyid

インド,デリー・サルタナットの4番目の王朝 (1414~51頃) 。チムール (帖木児) の侵入によってトゥグルク朝が衰えると,パンジャブの統治にあたっていたヒズル・ハーンがデリーに新王朝を創設した。当時北インドには諸勢力が乱立していたので,この王朝はデリー周辺を支配するのみで,デリー・サルタナットのなかで最も勢力が弱く,ロディー朝によって,4代 37年で滅亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サイイドちょう【サイイド朝 Sayyid】

インドのデリー・サルタナットのうち4番目にあたる王朝。1414‐51年。ティムールと同盟し,ティムールによってムルターン,パンジャーブ両地の支配者に任じられていたヒズル・ハーンKhizr Khānは,トゥグルク朝最後の王が1413年に死んだあとデリーを占領し,ここにサイイド朝を創建,14‐21年の間王位にあった。次のムバーラク・シャー(在位1421‐34)の時代には名目上もティムール朝の支配を脱し,一時的ながらパンジャーブ地方や北インドのドアーブ地方を支配したが,全体として,この王朝はデリー・サルタナットの中で最も勢力が弱く,末期には,その支配領域が〈デリーからパーラム(現在のデリー市南郊の空港があるところ)まで〉とざれ歌にいわれたほどであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイイド朝
さいいどちょう
Sayyid

インドのデリーに都を置いたムスリム王朝(1414~51)。いわゆるデリー・サルタナットの4番目の王朝。その前のトゥグルク朝が1398年のティームールの侵略によってまったく衰退してしまったのち、ティームールの一部将であったヒズル・ハーンによって創始された。しかし、王朝は弱体で、40年たらずで滅亡、ローディー朝にかわった。[小谷汪之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサイイド朝の言及

【デリー・サルタナット】より

…デリーに都を置き,ムスリムの君主(スルタン)が支配したため,この名称で呼ばれ,デリー・スルタン朝,デリー諸王朝とも総称される。普通,歴史的には奴隷王朝(1206‐90)に始まり,ハルジー朝(1290‐1320),トゥグルク朝(1320‐1413),サイイド朝(1414‐51),ローディー朝(1451‐1526)までの5王朝,320年間を指していうが,その語の意義上からは,スール朝(1538‐55),ムガル帝国(1526‐38,1555‐1858)までも含んでよい。 前述の5王朝についていえば,最後のローディー朝のみがアフガン系の君主で,他の4王朝の君主はすべてトルコ系である。…

※「サイイド朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サイイド朝の関連キーワードシェール・シャーデリー王朝スール朝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android