コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・レ・メタリカ De re Metallica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・レ・メタリカ
De re Metallica

16世紀のドイツの医師・化学者である G.バウアーによって著わされた採鉱冶金学の技術書。 12巻。 1556年初刊。彼は古代ローマに憧れ,ラテン名 G.アグリコラの名でラテン語で著述したのでそのほうが通っている。内容は測量,採鉱,選鉱製錬からガラスの製造にまで及んでいる。以後 18世紀まで採鉱冶金技術のバイブルとしてヨーロッパ各国語に翻訳された。 1912年アメリカの鉱山技師 H.C.フーバー (のちの第 31代大統領) により古典的名著として英訳され,世界に知られた。標題の書名は「金属について」という意味のラテン語である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

デ・レ・メタリカ

ドイツの鉱山学者アグリコラが著した採鉱冶金技術書。ラテン語で書かれ,12巻,1556年刊。地質,鉱脈踏査,採鉱,選鉱,製錬,金銀分離などにわたり,当時の技術を集大成したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デ・レ・メタリカ
でれめたりか
De Re Metallica

鉱山冶金(やきん)学書。16世紀ドイツの鉱山学者アグリコラの主著。1533年ごろから書き始められ、50年に完成した。書名は「金属について」の意で、ラテン語で全12巻からなり、初版はアグリコラの死後4か月目、1556年にバーゼルで刊行された。1563年にはイタリア語版、80年にはドイツ語版がバーゼルで刊行された。
 巻頭で、「多くの人々は、鉱山の仕事はでたらめなもの、また卑しくむさ苦しいもの、そして技術や科学はもちろん、肉体の労働すらもさまで必要なものではないかのような考えを、たいていみなもっている。ところが私にはそうは思えない」と、当時、鉱山冶金の労働が蔑視(べっし)されていることを指摘している。各巻の内容はほぼ次のようである。第1巻は実際の術と学問とに精通していなくてはならぬこと、第2巻は鉱山師の心得と採鉱の着手、第3巻は鉱脈、亀裂(きれつ)および岩層について、第4巻は鉱区の測量と鉱山師の職分、第5巻は鉱脈の開掘および鉱区測量の術、第6巻は鉱山用の道具および機械、第7巻は鉱石の試験法、第8巻は鉱石の選別・粉砕・洗鉱および焙焼(ばいしょう)の方法、第9巻は鉱石溶解の方法、第10巻は貴金属と非貴金属とを分離する方法、第11巻は金・銀を銅・鉄から分離する方法、第12巻は塩・ソーダ・みょうばん・礬油(ばんゆ)・硫黄(いおう)・瀝青(れきせい)およびガラスの製法について述べている。
 採鉱冶金技術を全体の体系として科学的に記述した書物は本書が最初であり、とくに画家ウェフリングB. Wefringによる292枚の木版画は当時の進んだドイツの鉱山を生き生きと描き出している。ゲーテは『色彩論』のなかでこの書を「全人類への贈り物」と絶賛している。『デ・レ・メタリカ』が現代人に広く知られるようになったのは、1912年、のちのアメリカ大統領H・C・フーバーとその夫人の共訳による英語訳本と詳しい注が刊行されてからである。近年フランス語版、ロシア語版も刊行され、日本では三枝博音(さいぐさひろと)によって日本語訳とその研究が行われ刊行された。[山崎俊雄]
『三枝博音訳、山崎俊雄編『デ・レ・メタリカ――全訳とその研究』(1968・岩崎学術出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デ・レ・メタリカの関連キーワードアグリコラ(Georgius Agricola)デ・レ・メタリカビリングッチョビリングチオ金属工芸三枝博音鉱山機械ポンプ金属学職業病鉱物学攪拌機水車製図鉱業実験

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android