コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーリー・メール Daily Mail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デーリー・メール
Daily Mail

イギリスの朝刊全国紙。アソシエーテッド・グループ系主力紙。 1896年ノースクリフロザミアの兄弟によって創刊され,半ペニーの新聞として 1900年 100万部,29年 200万部と急速に伸びた。現代大衆紙の原型といわれる。 60年『ニューズ・クロニクル』 (1930創刊) を合併,71年『デーリー・スケッチ』 (09創刊) を事実上統合した。ロンドン,マンチェスターエディンバラで発行。傾向は保守的で,タブロイド判。発行部数は朝刊 204万 9100 (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

デーリー・メール

英国の保守系大衆紙。1896年ノースクリッフが《デーリー・メール》として創刊。定価半ペニーで米国の大衆紙(ペニー・ペーパー)をまねた編集で読者を獲得。1920年代には英国新聞界最大の発行部数を誇った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デーリー・メール
でーりーめーる
Daily Mail

イギリスの朝刊全国紙。1896年、アルフレッド・ハームスワース(後のノースクリフ卿(きょう))が中小商店主、事務員、職人などの中流層や労働者、女性を対象に、「半ペニーで買えるペニーペーパー」「忙しい人の日刊紙」などの触れ込みで創刊した。サイズが小さくて読みやすく、価格も半ペニーと廉価で、内容も記事は簡潔、女性向けの話題が豊富で、海外ニュースの報道にも力を入れた。反響は上々で、創刊号は約40万部が売れ、当時としては驚異的な数字を残した。その後、1898年には50万部に、1900年には100万部に達するなど、大衆向けの新聞として大きな成功を収めた。その一方で、販売と広告から収入を確保することによって政党の補助金を排し、言論の自由を確立した。創刊者のA・ハームスワースは、その後、『ウィークリー・ディスパッチ』の買収と日曜紙への転換、女性向けの日刊紙『デーリー・ミラー』の創刊(1903)、雑誌や地方紙の系列化などによって、一大新聞王国を築いた。編集・経営の両面で、企業としての新聞社のモデルとなり、新聞界に革命をもたらした存在である。同紙を所有するのはデーリー・メール・アンド・ジェネラル・トラスト(DMGT)社であり、発行事業はその傘下のA&Nメディア社の子会社であるアソシエイテッド・ニューズペーパー社が担っている(2011)。メディア・グループ全体では世界に200以上の紙とオンラインの新聞、雑誌、放送などを擁する。DMGTはこのほか、リスク・マネジメント、BtoB情報、機関投資家向け情報、展示会・イベント、金融・法律・エネルギー関連の国際情報提供等々の事業本部があり、総売上高は円換算で約3000億円、従業員1万6000人の規模を有する。近年の部数は、1990年代前半から上向きに転じ、2003年には251万部とピークに達したが、それ以降は低下傾向になり、2011年時点で213万部である。ただ、部数の減少は他に比べれば緩やかといえる。ウェブ版『メール・オンライン』は1日平均のアクセス数がイギリスのトップである。[橋本 直]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デーリー・メールの関連キーワードエンジェル(Ralph Norman Angell Lane)ラルフ・ノーマン エンジェル・L.デーリー・エクスプレスF.A. マッケンジーリチャード ケイジャーナリズムガーディアンマッケンジーケムズリーブレリオ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デーリー・メールの関連情報