コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥマコ Tumaco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥマコ
Tumaco

コロンビア南西端部,ナリニョ州西部の都市。州都パストの西北西約 180km,太平洋のトゥマコ湾南岸に位置する港湾都市。 1570年インディオが建設。一時東部の熱帯雨林に産するゴムとキナノキの積出港として繁栄したが,そのブームが去るとともに衰退。その後ナリニョ州に東接するプトゥマヨ州の油田地帯からアンデスを越えてパイプラインが通じ,石油積出港として再び発展しはじめた。ほかにゾウゲヤシの実,カカオ,コーヒー,タバコ,バナナなどを積出す。市内には軽工業が立地,製油所の建設も計画中。近年は観光業も発展してきている。近くに金鉱がある。パストと道路で結ばれ,この道路に沿うエルディビソまでは鉄道が通じる。人口4万 9062 (1985) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トゥマコ(Tumaco)

コロンビア南西端、ナリーニョ県の都市。太平洋に面する港湾都市で、近年は石油の積出港として発展。周辺ではコーヒー・カカオ・タバコなどを産する。アフリカ系の住民が多く居住。先コロンブス期の土器や黄金の人形像などが出土した、トゥマコ文化の遺跡がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥマコ
とぅまこ
Tumaco

南アメリカ北西部、コロンビア南西端、ナリーニョ県西部の港湾都市。人口14万8977(1999)。同国太平洋岸の主要港湾の一つで、近年精油所が建設されて以後、急速に発展した。付近は牧牛場、アブラヤシのプランテーション、米作農場が多く、黒人住民が多い。カリブ海岸に多くみられる二階建て式の家や水上の杭上(こうじょう)家屋が多く、高原地域とは著しく景観が異なる。トゥマコ文化遺跡の発見や海浜保養地で有名。[山本正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トゥマコの関連キーワードコロンビアの古代文化コロンビア(国)

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android