コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥラーティ トゥラーティTurati, Filippo

4件 の用語解説(トゥラーティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥラーティ
トゥラーティ
Turati, Filippo

[生]1857.11.25. コモ,カンゾ
[没]1932.3.29. パリ
イタリア社会主義者社会党の前身たるイタリア勤労者党結成 (1892) のイニシアティブをとって以来,社会主義運動の指導的地位にあった。社会党内では改良派に属し,1922年に分裂して統一社会党を結成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トゥラーティ

イタリア社会主義運動の指導者。19世紀末―20世紀前半にかけて影響力は大きく,〈イタリアのジョレス〉とも呼ばれた。1926年ファシズムに反対してパリに亡命。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トゥラーティ【Filippo Turati】

1857‐1932
イタリアの社会主義者。ロンバルディアの知事の家庭に成長し,法律を専攻。神経症に苦しみつつビッソラーティらとの文学活動の中で科学的実証主義の洗礼を受け,82年以降社会主義に接近。85年,A.コスタと別居中のアンナ・クリショフと出会い,生涯の同志・伴侶となる。彼女の影響下にマルクス主義ドイツ社会民主党に注目,イタリアに労働者政党の設立を志す。89年ミラノ社会主義者連盟創設。新しい社会主義文化創造を目ざす理論・啓蒙誌《社会批評》をクリショフと刊行(1891‐1926)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥラーティ
とぅらーてぃ
Filippo Turati
(1857―1932)

イタリアの社会主義者、イタリア社会党創立(1892)の主役。妻のアンナ・クリショフとともに創刊した社会主義的理論誌『クリティカ・ソチャーレ』を主宰し(1891~1926)、知識人と労働者の間の橋渡しに努めた。漸進的改良と大衆の階級意識の成熟とに基づく平和的革命を一貫して説き、第一次世界大戦前には党内で優勢であった改良派を指導してジョリッティなどの自由主義左派政権への閣外協力を行い、第二次世界大戦後の歴史的妥協路線に先鞭(せんべん)をつけた。党内の無政府主義や革命的サンジカリズムの諸流派の排除に成功したが、第一次世界大戦前夜から台頭し始めた革命的中間派(最大限綱領派(マツシマリスタ))には敗れた。大戦後、党の統一を守るために中間派のコミンテルン加盟を受け入れたが、1921年初頭に党は分裂した(リボルノ党大会)。翌1922年、改良派として離党し、統一社会党を結成した。合法的反ファシストとしてアベンティーノ反対派連合の象徴的指導者であったが、1926年、劇的亡命に成功。以後パリで反ファシスト亡命者のため、社会党の統一のために尽力し、客死した。[重岡保郎]
『山崎功著『イタリア労働運動史』(1970・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トゥラーティの関連キーワード接触変成作用輝岩歌沢寅右衛門歌沢笹丸うた沢哥沢芝金片岡仁左衛門長崎(市)プラン問題藩学一覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トゥラーティの関連情報