コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥンベス トゥンベス Tumbes

3件 の用語解説(トゥンベスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥンベス
トゥンベス
Tumbes

ペルー北西端部,トゥンベス県の県都。エクアドルとの国境の西約 30km,太平洋沿岸の海岸平野にあり,トゥンベス川を見おろす小高い河岸に位置する。インカ帝国時代,キトへ通じる交通路に沿って要塞が築かれたことに始る古い町であるが,発展は 1942年エクアドルとの国境紛争が解決してからで,国境の町との取引で繁栄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トゥンベス(Tumbes)

ペルー北西部の都市。トゥンベス県の県都。エクアドルとの国境に近く、太平洋に注ぐトゥンベス川の河口に位置する。インカ帝国時代、キトへ通じる街道の要塞が置かれた。1941年までエクアドルに属し、ペルーに帰属したのち、国境貿易で栄えた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥンベス
とぅんべす
Tumbes

南アメリカ、ペルー北西部、トゥンベス州の州都。人口8万7557(1998)。同国最北の町で、エクアドル国境に近く、1941年までエクアドルに属していた。エクアドル側のワキリャスとの間にパン・アメリカン・ハイウェーが通じる。太平洋岸に接し、インカ帝国を滅ぼしたスペインの征服者ピサロが上陸した土地として知られる。町の中央広場は花壇と大きな庭園木がみごとな調和をなし、周りを取り巻く教会やレストランなどと魅力的な風景をつくっている。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥンベスの関連キーワードガトゥン湖ピウラトゥングー朝ドゥンススコトゥスチクラーヨトゥンパ山ネプトゥンビリトゥン島ベリトゥン島トゥングース諸語

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone