コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウゴクミツバツツジ トウゴクミツバツツジRhododendron wadanum

3件 の用語解説(トウゴクミツバツツジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウゴクミツバツツジ
トウゴクミツバツツジ
Rhododendron wadanum

ツツジ科の落葉低木。関東地方を中心に北は宮城県,西は三重県にかけて,主として太平洋側の山地に分布する。樹高は 4mに達し,よく分枝し,枝は車輪状に出る。葉は枝先に3枚が輪生し,幅広の菱形で,葉柄とともに毛を密生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウゴクミツバツツジ
とうごくみつばつつじ / 東国三葉躑躅
[学]Rhododendron wadanum Makino

ツツジ科の落葉低木。高さ2~4メートル。葉は枝先に3枚輪生状につき、菱(ひし)形状広卵形で長さ4~6センチメートル、表面は初め褐色の軟毛があり、裏面の主脈に沿って毛を密生する。5月、葉の出る前、または同時に紅紫色花を開く。花冠は広い漏斗(ろうと)状で深く5裂し、径約4センチメートル。雄しべは10本、長短がある。花柱は雄しべより長く、下半部に腺毛(せんもう)があり、子房には褐色の毛がある。ミツバツツジより高所に生え、本州の太平洋側、宮城県から三重県に分布する。庭木として観賞する。花が白色のシロバナトウゴク、二重咲きになるフタエトウゴクなどの品種がある。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトウゴクミツバツツジの言及

【ツツジ(躑躅)】より

…後者のうちミツバツツジR.dilatatum Miq.は花梗や子房に腺毛が密生し,果実にも腺点があるのが特徴で,関東・東海地方の山地に分布するが,種類としては北海道から九州までの太平洋側に分布し,トサノミツバツツジやハヤトミツバツツジなどの変種がある。東北地方南部から近畿東部に分布するトウゴクミツバツツジR.wadanum Makinoや九州に分布するサイゴクミツバツツジR.nudipens Nakai,その亜種で日本海側の山地に分布するユキグニミツバツツジなどは,子房に長毛が密生し,果実にも残る。中部地方西部から西,四国,九州の低山地に生えるコバノミツバツツジR.reticulatum D.Donは子房や果実に長毛のある点は上記のものと同じであるが,葉の裏面の細脈が目だった網目をつくるので,他と容易に区別できる。…

※「トウゴクミツバツツジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone