コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゲグモ Gasteracantha kuhlii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゲグモ
Gasteracantha kuhlii

クモ綱クモ目コガネグモ科。体長は雌7~8mm,雄 4mm。腹部は幅広く,キチン化して硬い。頭胸部は黒色,腹部は白色地に複雑な黒斑がある。雌の腹部に3対の大きな棘状突起があるのに対し,雄では後方に1対の鈍突起があるにすぎない。北海道を除く日本全土,東南アジアに分布し,山麓から山腹にかけて典型的な円網を張る。奄美大島以南には腹部の突起が乳房状の近縁種チブサトゲグモ G. mammosaが分布する。 (→クモ類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トゲグモ【Gasteracantha kuhlii】

コガネグモ科のクモ。体長は雌10mm,雄3mm。頭胸部も腹部もキチン化されていて,腹部に6本の硬いとげがある。このことから英語では,トゲグモの仲間をspiny‐bellied spiderと呼んでいる。目の細かい美しい円網を張るが,支柱糸に白い糸の塊をつけるので目につきやすい。東南アジアに広く分布し,日本では北海道を除く各地の林間にすむが,九州,沖縄にはとくに多い。8月に産卵する。近縁のチブサトゲグモG.mammosaは日本では,九州,四国,沖縄にいるが,東南アジアでは個体数が多く,網と網とを互いに利用しあって,大集団で生息している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゲグモ
とげぐも / 棘蜘蛛
[学]Gasteracantha kuhlii

節足動物門クモ形綱真正クモ目コガネグモ科に属するクモ。熱帯地方に広く分布するが、日本ではかなり北上して青森県までみられる。山麓(さんろく)から山腹にかけての雑木林などの樹間に多く、典型的な円網を張る。雌は体長7、8ミリで、幅の広い腹部に、太くて硬い円錐(えんすい)状の黒い突起が側方に二対、後方に一対出ている。頭胸部は黒色、腹部は白色の地に黒斑(こくはん)がある。雄は小さく腹部は丸く、雌のような側方の突起はなく後方に一対あるのみ。奄美(あまみ)大島以南、熱帯地方にかけてトゲグモに似たチブサトゲグモG. mammosaがおり、腹部の突起が乳房状なのでこの名がついた。個体による色彩の変異が多い。[八木沼健夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android