コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トコブシ トコブシHaliotis aquatilis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トコブシ
Haliotis aquatilis

軟体動物門腹足綱ミミガイ科。長 7cm,殻径 5cm,殻高 2cm。殻は卵楕円形で,アワビの幼貝に似る。殻頂は後方に寄り,体層が非常に大きくて殻高が低いので,殻口も非常に大きい。内面は強い真珠光沢がある。殻表は黒みを帯び,緑色斑がある。通常細い螺肋があるが,平滑なものもある。水孔は小さく,数多くあり,高く盛上がらず,最後の6~8水孔は開いている。北海道南部から九州の潮間帯から水深 10mまでの岩礁にすむ。産卵期は9~10月。肉は食用に供せられる。アナゴ,ナガレコナガラミなどの地方名がある。なお近縁のフクトコブシ H.diversicolorは,本種に似て殻表に著しい螺肋があり,殻頂も多少高い。八丈島,種子島以南の太平洋にすむ。トコブシの地理的変異 (南方型) とする考えもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トコブシ

ミミガイ科の巻貝。アナゴ,ナガレコ,ナガラミとも。高さ2cm,長さ7cm,幅5cmの卵形。アワビに似るが,小さく,殻口近くに穴が6〜8個(アワビでは4〜5個)。
→関連項目アワビ(鮑)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

トコブシ

 [Haliotis diversicolor aquatilis],[Sulculus diversicolor diversicolor].オキナエビス目オキナエビス亜目ミミガイ属の貝.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トコブシ
とこぶし / 床伏
Japanese abalone
[学]Sulculus diversicolor aquatilis

軟体動物門腹足綱ミミガイ科の巻き貝。北海道南部から九州に分布し、潮間帯付近の岩礁にすみ、干潮時は石の下などに潜み、はう速度が速い。殻長70ミリ、殻幅50ミリ、殻高15~20ミリに達し、殻は卵形で形態はアワビ類に似ているがやや長めで扁平(へんぺい)。背側縁に沿って水管孔が6~8あり、アワビ類の4~5より多く、孔の縁も低くて管状をなさないことなどでもアワビ類と区別できる。殻表は殻頂から弱い放射肋(ろく)が出て、粗い成長脈と交わっている。色は通常黒みを帯び、全体に緑褐色斑(はん)がある。殻の内面は真珠光沢をもつ。産卵期は9~10月。肉は灰褐色を帯びて柔らかく美味。アナゴ、ナガレコ、ナガラミなどの地方名がある。九州以南に産し、螺塔(らとう)がやや高くて螺肋が明らかな型をフクトコブシS. d. diversicolorというが、両亜種の境界はかならずしも明らかでない。[奥谷喬司]

料理

形、味ともアワビに似ているので小形のアワビとして用いられることもある。生食することはほとんどない。下ごしらえは、表面にたっぷり塩をふってたわしでこすり、さっと洗って使う。殻から身を外すときは空鍋(からなべ)に入れ、蓋(ふた)をして火にかける。小さい姿を生かして、殻付きのまま甘辛く煮しめたり、殻を外してつけ焼き、佃煮(つくだに)風に煮て用いる。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トコブシの関連キーワードSulculus diversicolor diversicolor禁漁期(きんりょうき)アナゴ(トコブシ)ヤマトコブシカジカ種子島(鹿児島県)セッパリカジカ内海(愛媛県)トコブシゴケいわしさんがイシダイ腹足類福多味ウニ煮物住用煮貝海女

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トコブシの関連情報