コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トム・ジョーンズ トム・ジョーンズThe History of Tom Jones, a Foundling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トム・ジョーンズ
The History of Tom Jones, a Foundling

イギリスの小説家 H.フィールディングの小説。 1749年刊。サマセットシャーの善良な地主オールワージー氏に育てられた「捨て子」のトムと隣家の娘ソファイア・ウェスタンとの恋愛を中心に,さまざまな人物・事件を配し,舞台をロンドンに移しつつ,トムがオールワージーの甥とわかりソファイアと結ばれるまでを描く。また,18巻の各巻第1章では読者に直接語りかけ小説論を展開したりする。前作『ジョーゼフ・アンドルーズ』の序文にある「散文による喜劇的叙事詩」という評語がふさわしく,緻密な構成とプロットのゆえに,この作をもってイギリスの近代小説は確立されたといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トム・ジョーンズ

フィールディングの小説。1749年刊。全18巻。捨子で,だらしないが快活な好漢トムが,さまざまな失敗を重ねたあと,素性がわかり,恋人ソファイアと結ばれる物語。明るいユーモアと力強い人間観察にみちた傑作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トム・ジョーンズ
とむじょーんず
The History of Tom Jones, a Foundling

イギリスの作家フィールディングの長編小説。1749年刊。全18巻208章に及ぶ。イギリスの片田舎(いなか)の名望家の家に捨て子として発見され、その家で育てられるトムが主人公。闊達(かったつ)な少年に育ったトムは近所の地主の一人娘ソファイアと恋仲になるが、悪友の影響で名望家から勘当され、ロンドンへの放浪の旅に上る。ソファイアも家出してその後を追う。2人は会いそうになっては会わず、結局別々にロンドンに着くが、最後はめでたく結ばれる。道徳的にはけっして模範青年でないが、さっそうと小気味よいトムの性格が、当時の世相の描写と相まって、快い小説をつくっている。小説としての第一作『ジョーゼフ・アンドルーズ』でうたった「散文による喜劇的叙事詩」という彼の小説の理想が、この作で実現された感が深い。各巻の第1章がそれぞれほとんど独立したエッセイの形になっているのも大きな特徴になっている。[朱牟田夏雄]
『朱牟田夏雄訳『トム・ジョウンズ』全4冊(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トム・ジョーンズの関連キーワードリチャードソン(Tony Richardson)タイアード・オブ・ビーイング・アローン何かいいことないか子猫チャン思い出のグリーン・グラス007サンダーボール作戦ジョン.J. オズボーンジュリアン グローバーレイチェル ケンプスンデイヴィッド ワーナーT. リチャードソンファンタスティックスリン レッドグレーブアルバート フィニーダイアン シレントシーズ・ア・レディトム ジョーンズトレバー ホーンリチャードソン山本 平八郎イギリス文学

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トム・ジョーンズの関連情報