コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラデスカンティア Tradescantia; spiderwort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラデスカンティア
Tradescantia; spiderwort

ツユクサ科の1属で,北アメリカの温帯地域から熱帯アメリカまで約 60種が分布。花を観賞する種ではムラサキツユクサがよく知られるが,園芸的には,観葉植物として利用されるものがトラデスカンティアの名で呼ばれている。多くは匍匐性の多年草で,多汁質の茎葉をもつ。葉は長楕円形または披針形で,互生。花は葉腋あるいは茎頂につき,花弁,萼片 (がくへん) ともに3枚ある。トラデスカンティア・アルビフローラ T.albifloraは明るい緑色の葉をもち,花は白色。園芸品種の`シラフツユクサ'は白い縦縞の斑 (ふ) が入る。ほかにやや小型のトラデスカンティア・フルミネンシス T.fluminensisや,葉の裏面が紫色で,花が桃紅色で基部が白いトラデスカンティア・ブロッスフェルディアーナ T.blossfeldianaなどが栽培され,いずれも斑入り品種がある。吊り鉢仕立てにされることが多く,温室内でグラウンドカバーのように用いられることもある。日光を好む。草姿が乱れたら刈込んで整える。冬は水やりを控え目にすれば3℃以上で越冬する。高温時の挿木で容易にふやすことができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トラデスカンティア(〈ラテン〉Tradescantia)

ツユクサ科トラデスカンティア属(ムラサキツユクサ属)の多年草の総称。園芸上は近縁の属も含めていう。節から発根。葉に白や淡黄色の縞模様がある。夏、白い小花が咲く。観賞用として吊り鉢などで楽しむ。トラデスカンチア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

トラデスカンティア

セブリナムラサキツユクサ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トラデスカンティア【spiderwort】

ツユクサ科ムラサキツユクサ属Tradescantiaの総称。大きな属で,北アメリカから熱帯アメリカに分布する約100種からなる多年草。うち数種が花や斑入りとなる美しい葉を観賞するために栽培される。ムラサキツユクサT.ohiensis Raf.は北アメリカ各地に広く分布する耐寒性多年草で,株をつくる茎は直立し,高さ50cmほどになる。明治の初めに渡来し,田舎の庭先に見かけられる。初夏から青紫色花を散形花序に多数つける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トラデスカンティア【Tradescantia】

ツユクサ科ムラサキツユクサ属の植物。南北アメリカに30種以上分布。多年草。このうち、葉が紫色のムラサキツユクサや緑色の葉に白ないし淡黄色の縦縞のある種が観賞用に栽培される。園芸上は別属の近縁種もこの名で呼ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラデスカンティア
とらですかんてぃあ
[学]Tradescantia

ツユクサ科の匍匐(ほふく)性多年草。北アメリカから熱帯アメリカに約60種が分布する。南アメリカ原産のフルミネンシスT. fluminensis Vell.は卵状楕円(だえん)形の葉に黄白色縦縞(たてじま)の入るシロフハカタカラクサや、新芽が紫桃色がかるラエケネンシスなどの園芸品種があり、ブラジル原産のアルビフローラT. albiflora Kunthにも白斑(はくはん)の入る品種アルボビッタータがあり美しく、家庭用観葉鉢物として吊(つ)り鉢などに賞用される。いずれも夏から秋に、茎頂に白色6弁の小花を散形花序につける。やや寒さに弱く、冬は室内で管理し、繁殖は種芽による。北アメリカ南部原産のオオムラサキツユクサT. virginiana L.は耐寒性宿根草で、園芸品種も多く、庭園や花壇で栽培される。[植村猶行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トラデスカンティアの関連キーワードハカタカラクサ(博多唐草)近縁種紫露草水栽培縦縞

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android