コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリガー価格 トリガーかかく trigger price

翻訳|trigger price

4件 の用語解説(トリガー価格の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリガー価格
トリガーかかく
trigger price

鉄鋼の輸入急増を避けるため,アメリカが 1978年に導入した輸入鉄鋼品の最低価格制度。輸入品の価格がこの価格を下回ると,商務省は民間からのダンピング提訴を待たずに調査を開始するというもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トリガー‐かかく【トリガー価格】

trigger pricing》アメリカ政府が、鉄鋼など自国の産業保護を目的に、ダンピング認定の基準として設定した価格。政府指定の商品について、一定水準の価格を決め、この価格以下で輸入された場合は、ダンピング調査の対象となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トリガー価格【トリガーかかく】

triggerは〈引金〉の意。1978年に米国が自国内の鉄鋼業を保護するために採った価格政策。米国製の鉄鋼価格より外国品の価格が安いため,基準価格を設定し,それ以下の対米輸出価格をダンピングとして,米国までの輸送コストを加えたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

会計用語キーワード辞典の解説

トリガー価格

前もって指定された価格に、相場が達した時点で、前もって指定された事項が実際に行われる事の条件が、付けられている取引の当該価格のことをいいます。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリガー価格の関連キーワード自動小銃引き金・引金両三割引金融債TIBOR引金東京銀行間取引金利trigger pointtrigger price mechanism引金点

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone