コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリコモナス トリコモナス Trichomonas

6件 の用語解説(トリコモナスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリコモナス
トリコモナス
Trichomonas

原生生物界トリコモナストリコモナス属に含まれる種類の総称で,体長 0.01~0.04mm。体は卵形で,前端に 3~5本の鞭毛をもち,ほかの 1本は後方に伸びて波動膜をつくっている。核は 1個。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トリコモナス(〈ラテン〉Trichomonas)

鞭毛(べんもう)虫綱トリコモナス属の原生動物の総称。体は西洋ナシ形で、鞭毛と波動膜をもつ。膣(ちつ)内に寄生する種もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トリコモナス

鞭毛(べんもう)虫類トリコモナス属に属する原虫の総称。長径5〜30μm程度,後端はややとがり,1個の核があり前端に3〜5本の鞭毛をもつ。太い軸索が体を縦走。多くは寄生性で,口腔粘膜に寄生する口腔トリコモナス,腸管粘膜に寄生する腸トリコモナス,泌尿生殖器粘膜に寄生する腟(ちつ)トリコモナス(トリコモナス腟炎をひきおこす)が人に寄生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トリコモナス【Trichomonas】

鞭毛虫類に属する原虫の1属。長さ5~30μmの,後端がややとがった西洋ナシ状の外形をなし,前端に数本の鞭毛をもち,鞭毛の1本は前端から後方に向かい波動膜の辺縁を形成する。核は1個で卵形をしており,虫体の前半分に位置している。トリコモナスは数多くの動物に寄生しているが,ヒトに寄生するものは次の3種である。泌尿生殖器粘膜に寄生する腟トリコモナスT.vaginalis,腸管粘膜に寄生する腸トリコモナスT.hominis,および口腔粘膜に寄生する口腔トリコモナスT.tenax

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

トリコモナス【Trichomonas】

原生動物鞭毛虫綱に属する寄生原虫の一種。体長5~30マイクロメートル。体は洋梨形。数本の鞭毛と波動膜がある。多くの動物およびヒトの粘膜に寄生し、膣ちつトリコモナス症などをひき起こす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリコモナス
とりこもなす

肉質鞭毛(べんもう)虫門鞭毛虫亜門動物性鞭毛虫綱トリコモナス目に属する1属Trichomonasの総称で、すべて寄生性の単細胞動物。体長5~20マイクロメートル。卵形で前端に4本の鞭毛をもち、別の1本は後方に伸びて後鞭毛(こうべんもう)となるが、これと本体の間には波動膜が張られている。体中央部には前端から後端に達する軸桿(じくかん)という名の骨格様構造がある。また1個の核が体前方に位置している。縦割り二分裂で増殖し、耐久性の嚢子(のうし)をつくることはない。ヒトの泌尿生殖器系に炎症をおこす腟(ちつ)トリコモナスT. vaginalis、ヒトの口腔(こうくう)に寄生しているが非病原性と思われる口腔トリコモナスT. tenax、多くの鳥類の口腔や食道に寄生して上部消化管その他に病変をおこすハトトリコモナスT. gallinaeなどが知られている。かつては、ヒトその他の動物の腸管に寄生する腸トリコモナスや、ウシの流産の病因となるウシ胎仔(たいじ)トリコモナスは、本属に入れられていたが、構造や寄生部位などから、現在では別属に分類されている。すなわち、前者はPentatrichomonas属に、後者はTritrichomonas属に入れられた。近年、本属の原虫の無菌培養が可能となって各種の研究が進展している。病原性の種に対し抗トリコモナス剤「メトロニダゾール」「チニダゾール」「トリコマイシン」などが治療剤として有効である。[小山 力]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリコモナスの関連キーワード渦鞭毛虫類トリパノソーマ鞭毛虫類多節条虫類トリコモナス属トリパノゾーマランブルベンモウチュウ原生動物鞭毛虫類植物性鞭毛虫類動物性鞭毛虫類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トリコモナスの関連情報