コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルニオ Tornio

世界大百科事典 第2版の解説

トルニオ【Tornio】

フィンランド北西部,スウェーデンとの国境の町。ボスニア湾に注ぐトーネ河口近くに位置する。人口2万1300(1981)。1621年,川の中のスエンサーリ島を,ラップランドを含む北方の商業の中心地として,スウェーデン政府が開発したが,それがトルニオ揺籃の地となった。1700年代後半,造船で町は栄えた。1808年からのロシアとの戦争で,町はひどい損害を受けた。09年,トーネ川がスウェーデンとフィンランドの国境となり,商業圏にあった豊かな村々や,以前の造船所がほとんどスウェーデン領となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トルニオ
とるにお
Tornio

フィンランド北部にある都市。スウェーデンとの国境をなすトルニオ川(スウェーデン語名トルネ川)の河口に発達する。人口2万2456(2001)。対岸にあるスウェーデンの町ハパランダと対向渡津(としん)集落をなすが、トルニオ川の河谷をラップランドに通ずる谷口集落の性格も有した。パルプ、製紙、製材が盛んである。[塚田秀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トルニオの関連キーワードハミナ条約ラッピ県

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android