コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルニオ Tornio

2件 の用語解説(トルニオの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トルニオ【Tornio】

フィンランド北西部,スウェーデンとの国境の町。ボスニア湾に注ぐトーネ河口近くに位置する。人口2万1300(1981)。1621年,川の中のスエンサーリ島を,ラップランドを含む北方の商業の中心地として,スウェーデン政府が開発したが,それがトルニオ揺籃の地となった。1700年代後半,造船で町は栄えた。1808年からのロシアとの戦争で,町はひどい損害を受けた。09年,トーネ川がスウェーデンとフィンランドの国境となり,商業圏にあった豊かな村々や,以前の造船所がほとんどスウェーデン領となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トルニオ
とるにお
Tornio

フィンランド北部にある都市。スウェーデンとの国境をなすトルニオ川(スウェーデン語トルネ川)の河口に発達する。人口2万2456(2001)。対岸にあるスウェーデンの町ハパランダと対向渡津(としん)集落をなすが、トルニオ川の河谷をラップランドに通ずる谷口集落の性格も有した。パルプ、製紙、製材が盛んである。[塚田秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トルニオの関連キーワードオーボスウェーデン語スウェーデン体操トゥルクラップランド北欧スウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーディッシュ・エルクハウンドスウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トルニオの関連情報