トルーマン・ドクトリン(英語表記)Truman Doctrine

世界大百科事典 第2版の解説

トルーマン・ドクトリン【Truman Doctrine】

1947年3月12日の議会での演説で表明されたアメリカ大統領トルーマンの対外政策の一般原則。彼は〈合衆国外交政策の主要目的の一つは,われわれ自身および他の諸国民が圧政に脅かされることなく生活を営むことができる状態の創造にある〉と述べ,全体主義体制の脅威から守るために,イギリスに代わってギリシアトルコへの4億ドルの経済・軍事援助の必要を説いた(5月22日ギリシア・トルコ援助法が成立)。これは東地中海地域の共産主義化を防ぐためのものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトルーマン・ドクトリンの言及

【トルーマン】より

…ポツダム会談,国際連合の創設,広島と長崎への原爆の投下,日独戦犯の裁判など第2次世界大戦の終結と戦後処理に指導的役割を果たした。戦後はソ連との対決姿勢を強め,47年に〈トルーマン・ドクトリン〉を発表したのをはじめ,48年ソ連のベルリン封鎖に対抗して空輸作戦を指令,49年北大西洋条約機構(NATO)を結成するなど,〈冷戦〉外交を展開し,さらに50年朝鮮戦争にあたって韓国援助のため派兵を決定した。48年の大統領選には彼の政策に対する批判から民主党内が3派に分裂する中で一般の予想をくつがえして勝利をおさめ,内政面ではニューディールを継承・拡大する〈フェアディール〉政策を提唱した。…

【冷戦】より

…たとえば,アメリカは東側ブロックを〈多数の上に強制された少数の意志を基礎としている。それは恐怖と弾圧,新聞・ラジオの検閲,定められた選挙,そして個人の自由の抑圧に依存している〉(1947年3月,トルーマン・ドクトリン)体制であるとし,ソ連は西側陣営を〈帝国主義・反民主主義陣営で,アメリカ帝国主義の世界制覇と民主主義の破壊とを基本目的としている〉(1947年9月,コミンフォルム宣言)体制であると批判した。 イデオロギー対立は,確かにこの時代に限られたものではない。…

※「トルーマン・ドクトリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android