トレード

精選版 日本国語大辞典 「トレード」の意味・読み・例文・類語

トレード

〘名〙 (trade)
取引貿易商業。〔舶来語便覧(1912)〕
プロ野球などで、選手移籍・交換すること。転じて、一般に人を他の部署組織に移すこと。
※午前零時(1952)〈井上友一郎出口なし「そのうち少しはましなチームにトレードされるさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「トレード」の意味・読み・例文・類語

トレード(trade)

[名](スル)
売買の取引をすること。貿易。「デイトレード
物と物、人と人とを交換すること。
プロ野球などで、選手の交換・移籍を行うこと。「他球団トレードする」「金銭トレード
[類語](1取引貿易通商交易互市ごし輸出入外国貿易国際貿易売買売り買い引き合い商い商売商行為ビジネス商取引先物取引

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内のトレードの言及

【職業】より

…生業やなりわいと,近代的な意味での職業とは区別されなければならない。
[職業の外国語]
 職業は,英語ではオキュペーションoccupationあるいはプロフェッションprofession,トレードtrade,ボケーションvocation,コーリングcalling,ドイツ語ではベルーフBeruf,フランス語ではメティエmétierがこれにあたる。オキュペーションは,時間と精力とがこれに占有される仕事という意味である。…

【ドラフト制度】より

…抽選にもれた球団は下位球団優先の方式で指名もれ選手の指名権を獲得する。指名し契約した選手のトレード(交換売買)は,ペナントレース開幕日から6月末まで認められている。この制度は,契約金の際限ない高騰を防ぎ,各球団の戦力をできるだけ均衡化することを目的としたもので,日本では1965年に最初の会議が開かれている。…

※「トレード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android