トンボエダシャク(読み)とんぼえだしゃく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トンボエダシャク
とんぼえだしゃく / 蜻蛉枝尺蛾
[学] Cystidia stratonice

昆虫綱鱗翅(りんし)目シャクガ科に属するガ。はねの開張50~60ミリ。はねも腹部も細長い。腹部は橙(だいだい)色の地に、各節に黒紋を規則正しく連ねる。はねは黒く、白色の帯が1本あり、基部は白い。触角は棍棒(こんぼう)状に近いが、雌では細い。北海道から屋久(やく)島までと、対馬(つしま)、朝鮮半島、シベリア南東部から中国に分布する。成虫は年1回、初夏に発生し、昼間、食樹の近くを飛び回る。幼虫はツルウメモドキやハコネウツギに寄生するシャクトリムシで、成虫の腹部と同じような黒紋を連ね、地色は淡黄色である。

[井上 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンボエダシャク
Cystidia stratonice

シャクガ科。前翅長 25~31mm。翅はシャクガとしては細長く,黒色地に白色斑をもつ。体は黒色で細長く,黄色帯がある。触角は糸状,単純で,先端はやや太くなる。昼間活動してゆるやかに飛翔する。幼虫の食草はツルウメモドキ近縁ヒロオビトンボエダシャク C. truncangulataと混生する。北海道,本州,四国,九州,朝鮮,アムール,中国北部,台湾,インドに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android