ドイツ社会主義労働者党(読み)どいつしゃかいしゅぎろうどうしゃとう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツ社会主義労働者党
どいつしゃかいしゅぎろうどうしゃとう
Sozialistische Arbeiterpartei Deutschlands

略称SAPD。ドイツ社会民主党の前身。1875年、全ドイツ労働者協会(ラッサール派)と社会民主労働者党(アイゼナハ派)がゴータ大会でゴータ綱領を採択し結成した。翌年、中央機関紙『フォーアウェルツ』を創刊、77年の総選挙で従来の九議席から12議席を獲得する成果を収めた。このころまではラッサール派の影響が強かったが、エンゲルスの『反デューリング論』によってしだいにマルクス主義的な性格を強めた。78年の社会主義者鎮圧法の公布以来、党は苦難の道を歩んだが、79年には新たな中央機関紙『ゾチアールデモクラート』を創刊するなど精力的な活動を展開、90年の総選挙では35議席、142万票を獲得した。社会主義者鎮圧法失効後の90年10月、党はハレ大会で党名をドイツ社会民主党と改称した。[松 俊夫]
『メーリング著、足利末男他訳『ドイツ社会民主主義史 下』(1969・ミネルヴァ書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のドイツ社会主義労働者党の言及

【社会主義者鎮圧法】より

…1878‐90年にドイツで実施された社会主義弾圧のための法律。ドイツの社会主義運動は1875年にアイゼナハ派とラッサール派が合同してドイツ社会主義労働者党(後のドイツ社会民主党)が結成されて以来,勢力の伸張が目ざましかった。ビスマルクはこれを危険視し,弾圧の機会をうかがっていたが,78年5,6月あいついで起こった皇帝狙撃事件を利用し,帝国議会にいわゆる社会主義者鎮圧法を上程し,同年10月強引に成立させた。…

【デューリング】より

…1873年の《国民経済学ならびに社会経済学教程》および75年の《哲学教程》で脚光を浴び,ドイツの社会主義運動家たちの間でも共感を生んだ。75年のゴータ大会(ゴータ綱領)において,それまでのラサール派とマルクス派とが合同して成立したドイツ社会主義労働者党(後のドイツ社会民主党)の一部に対するデューリングの影響には絶大なものがあった。ラサールおよびマルクスを批判しつつ独自の体系を提示したデューリングに対して,エンゲルスは党の中央機関紙《フォアウェルツ(前進)》に反デューリング連載論文(77年1月から78年7月まで)を発表して応戦した(これを合本にしたのが《反デューリング論》と通称される《オイゲン・デューリング氏の科学の変革》(1878)である)。…

【ドイツ社会民主党】より

…新党(アイゼナハ派)と,ラサールの影響のいっそう強いADAV(ラサール派)とは競合を続けたが,普仏戦争の後半,プロイセンの征服政策にはともに反対の声をあげた。71年,ドイツ帝国が創立されてしまうと,ドイツ統一問題が両派の現実的争点ではなくなったうえ,等しく当局の抑圧を受けたために,徐々に両派の間に歩み寄りが見られ,75年5月,ゴータで合同大会が開かれてドイツ社会主義労働者党Sozialistische Arbeiterpartei Deutschlandsが発足するに至った。これは,ドイツに労働者を構成要素とした単一社会主義政党が誕生したことを意味する。…

※「ドイツ社会主義労働者党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android