コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥンガン

百科事典マイペディアの解説

ドゥンガン

中国,甘粛省・新疆ウイグル自治区などに住む回族イスラム教徒)を指す東トルコ語起源の名称。漢字では東干。中国語を話すので〈漢回〉ともいわれる。この名称は18―19世紀の東トルキスタンのトルコ人,ロシア人やヨーロッパの旅行者の間で用いられた。
→関連項目新疆

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドゥンガン【Dungan】

中国西北部の回族を指す東トルコ語起源の名称。東トルコ語の元の形はトゥンガンTunghan。動詞tönmäk(回る,向かう)の派生語とする説が有力で,〈正しい信仰に立ち戻った者〉の意とも,中国語〈回回〉の訳語ともいう。ときには自称としても用いられた。その起源は一般に,元代にこの地方に定住した西方のイスラム教徒の集団に求められているが,現在では宗教的慣習を除き,言語その他の生活習慣は完全に漢化しており,容貌漢族と区別しがたい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドゥンガン
どぅんがん

中国の甘粛(かんしゅく)省、新疆(しんきょう)ウイグル自治区、とくに天山北路に住み中国語を用いるイスラム教徒。漢字で「東干」と表記される。トゥガンともいい、ともに「(イスラム教への)改宗者」を示すトルコ語らしい。また漢回ともよび、これに対してウイグル人イスラム教徒を纏回(てんかい)という。1862年に陝西(せんせい)・甘粛のイスラム教徒の清(しん)朝への反乱は新疆へも波及し、64年、グーチェン、ウルムチ、イリ、クチャなどのドゥンガンが反乱を起こして各地に政権をたてたが、東トルキスタンのヤクブ・ベクの軍に敗れた。ドゥンガンは1867年にイリの七城をはじめ天山北路を制圧したが、イリは71年ロシアに占領され、ドゥンガンの反乱は77年までに清(しん)の左宗棠(さそうとう)によって鎮圧された。現在では回族、回民とよばれる。[護 雅夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のドゥンガンの言及

【回教徒蜂起】より

…73年に鎮圧され,陝西における反乱の中心人物白彦虎は新疆に逃れた。この陝甘の反乱は新疆に波及し,当地の中国人イスラム教徒(東干つまりドゥンガン)は64年にウルムチで乱を起こした。ウイグル人ヤークーブ・ベクは,65年に清朝軍を撃ってカシュガルに進入し,ドゥンガンをも圧して西部4城にイスラム政権を樹立し,ロシアはこの機に乗じてイリを占領した。…

【ソビエト連邦】より

…ソ連全体では1970‐79年の人口増加率は8.4%で,そのうちスラブ系3民族は5.8%であるのに対して,上記5民族は31.8%に達していた。この地方には漢民族系でイスラム教徒であるドゥンガンやウイグル人,また朝鮮人(大部分は1937年に極東地方から強制移住させられた)などの民族もいる。 チュルク諸語系の民族はソ連に20民族あるといわれるが,そのおもなものは上記のほかに,ボルガ中流,南ウラルのタタール人,チュバシ人,バシキール人,南シベリアのアルタイ人,トゥバ人,ハカス人,東シベリアのヤクート人,カフカス地方のアゼルバイジャン人,ノガイ人,カラチャイ人,バルカル人などである。…

※「ドゥンガン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドゥンガンの関連キーワードドゥンガン(東干)の乱E. ポリワーノフ平定回匪方略ポリワーノフ甘粛[省]

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android