コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七城 しちじょう

2件 の用語解説(七城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七城
しちじょう

熊本県北部,菊池市南西部の旧町域。山鹿盆地の中部,菊池川とその支流迫間川流域にある。 1954年加茂川村,砦村,清泉村の3村が合体して七城村となり,1968年町制。 2005年菊池市,旭志村,泗水町と合体し菊池市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七城
しちじょう

熊本県北部、菊池(きくち)郡にあった旧町名(七城町(まち))。現在は菊池市の南西端部を占める。旧七城町は1968年(昭和43)町制施行。2005年(平成17)菊池市に合併。旧町名は、菊池氏全盛時代の菊池十八外城(とじょう)のうち七つの外城跡が存在することに由来する。旧町域は、南西部の段丘礫層(れきそう)からなる肥後(ひご)台地を除けば、そのほとんどが菊池川ならびに同水系河川によって供給された沖積層で覆われた菊鹿(きくか)盆地の低地からなる。江戸時代から知られる城北米(高瀬米)の産地の一角をなすだけに、稲作がなお農業の根幹をなすが、水田裏作として始められたメロンを中心にした施設園芸が最近とみに増え、稲作と同等の地位を得んとする勢いである。また、林原工業団地への進出企業は、畜産物や第一次産品加工のほか、自動車部品や半導体関連がある。菊池氏ゆかりの碧巌(へきがん)寺がある。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七城の関連キーワード熊本県菊池市今熊本県菊池市小木熊本県菊池市木野熊本県菊池市木庭熊本県菊池市長田熊本県菊池市原熊本県菊池市深川熊本県菊池市藤田熊本県菊池市隈府熊本県菊池市亘

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

七城の関連情報