コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七城 しちじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七城
しちじょう

熊本県北部,菊池市南西部の旧町域。山鹿盆地の中部,菊池川とその支流迫間川流域にある。 1954年加茂川村,砦村,清泉村の3村が合体して七城村となり,1968年町制。 2005年菊池市,旭志村,泗水町と合体し菊池市となる。肥沃な平地で,良質の菊池米を産するほか,乳牛肉牛の飼育が行なわれ,県畜産流通センター,工業団地が立地する。長明寺坂古墳群や古刹碧巌寺がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七城
しちじょう

熊本県北部、菊池(きくち)郡にあった旧町名(七城町(まち))。現在は菊池市の南西端部を占める。旧七城町は1968年(昭和43)町制施行。2005年(平成17)菊池市に合併。旧町名は、菊池氏全盛時代の菊池十八外城(とじょう)のうち七つの外城跡が存在することに由来する。旧町域は、南西部の段丘礫層(れきそう)からなる肥後(ひご)台地を除けば、そのほとんどが菊池川ならびに同水系河川によって供給された沖積層で覆われた菊鹿(きくか)盆地の低地からなる。江戸時代から知られる城北米(高瀬米)の産地の一角をなすだけに、稲作がなお農業の根幹をなすが、水田裏作として始められたメロンを中心にした施設園芸が最近とみに増え、稲作と同等の地位を得んとする勢いである。また、林原工業団地への進出企業は、畜産物や第一次産品加工のほか、自動車部品や半導体関連がある。菊池氏ゆかりの碧巌(へきがん)寺がある。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

七城の関連キーワード熊本県菊池市七城町岡田熊本県菊池市菊池(市)ドゥンガン泗水[町]冨田 甚平香嵐渓北ノ庄日野強足助城