コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドボリャンストボ dvoryanstvo

3件 の用語解説(ドボリャンストボの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドボリャンストボ【dvoryanstvo】

帝政時代のロシアの貴族層。貴族を意味するドボリャーネdvoryane(単数形はドボリャニーン)に由来する語。ただし日本の旧華族のように,そのすべてが爵位をもつわけではなく,むしろ明治以後の士族に近いものといえるが,人頭税,兵役を免除され,農奴所有権を付与されるなど,実質的な特権をもっていた点で士族とも異なっている。 ロシアではキエフ・ロシアの時代以来,古い貴族層(ボヤールストボboyarstvo)が存在していたが,15~16世紀ごろから,モスクワ大公に奉仕する小領主層であるドボリャンストボが,中央集権国家発展の支柱としてあらわれてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドボリャンストボ
どぼりゃんすとぼ
дворянство dvoryanstvo ロシア語

ロシアの士族(ドボリャニン)の総称。当初、クニャージボヤール修道院など聖俗の封建領主が、非自由人を含む家人層を従兵、所領管理の補佐人などとして養っていたが、そのなかの上層のものが13世紀ごろから、地位の上昇によって士族身分を形成した。彼らは主人から軍役の代償として封地(ポメスチエ)を与えられた。15、16世紀モスクワ大公のロシア統一を助け、16世紀後半に大公国の有力な社会層となった。17世紀末にはボヤールとの区別がなくなり、貴族一般をさすようになった。農奴の独占的所有者となり、18世紀にはツァーリ権力と一体になり、彼らの黄金時代となった。農奴解放後も勢力をもっていたが、ロシア革命によりその特権を喪失して消滅した。[伊藤幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone