コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドボリャンストボ dvoryanstvo

3件 の用語解説(ドボリャンストボの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドボリャンストボ【dvoryanstvo】

帝政時代のロシアの貴族層。貴族を意味するドボリャーネdvoryane(単数形はドボリャニーン)に由来する語。ただし日本の旧華族のように,そのすべてが爵位をもつわけではなく,むしろ明治以後の士族に近いものといえるが,人頭税,兵役を免除され,農奴所有権を付与されるなど,実質的な特権をもっていた点で士族とも異なっている。 ロシアではキエフ・ロシアの時代以来,古い貴族層(ボヤールストボboyarstvo)が存在していたが,15~16世紀ごろから,モスクワ大公に奉仕する小領主層であるドボリャンストボが,中央集権国家発展の支柱としてあらわれてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドボリャンストボ
ドボリャンストボ

ドボリャニン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドボリャンストボ
どぼりゃんすとぼ
дворянство dvoryanstvo ロシア語

ロシアの士族(ドボリャニン)の総称。当初、クニャージボヤール修道院など聖俗の封建領主が、非自由人を含む家人層を従兵、所領管理の補佐人などとして養っていたが、そのなかの上層のものが13世紀ごろから、地位の上昇によって士族身分を形成した。彼らは主人から軍役の代償として封地(ポメスチエ)を与えられた。15、16世紀モスクワ大公のロシア統一を助け、16世紀後半に大公国の有力な社会層となった。17世紀末にはボヤールとの区別がなくなり、貴族一般をさすようになった。農奴の独占的所有者となり、18世紀にはツァーリ権力と一体になり、彼らの黄金時代となった。農奴解放後も勢力をもっていたが、ロシア革命によりその特権を喪失して消滅した。[伊藤幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドボリャンストボの関連キーワード貴族制貴族的帝政ロシア墓地ムジーク労農ロシア修理屋ロシアの恋人ロシアン・ブルーボルゾイ[種]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone