コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドボリャンストボ dvoryanstvo

世界大百科事典 第2版の解説

ドボリャンストボ【dvoryanstvo】

帝政時代のロシアの貴族層。貴族を意味するドボリャーネdvoryane(単数形はドボリャニーン)に由来する語。ただし日本の旧華族のように,そのすべてが爵位をもつわけではなく,むしろ明治以後の士族に近いものといえるが,人頭税,兵役を免除され,農奴所有権を付与されるなど,実質的な特権をもっていた点で士族とも異なっている。 ロシアではキエフ・ロシアの時代以来,古い貴族層(ボヤールストボboyarstvo)が存在していたが,15~16世紀ごろから,モスクワ大公に奉仕する小領主層であるドボリャンストボが,中央集権国家発展の支柱としてあらわれてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドボリャンストボ

ドボリャニン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドボリャンストボ
どぼりゃんすとぼ
дворянство dvoryanstvo ロシア語

ロシアの士族(ドボリャニン)の総称。当初、クニャージ、ボヤール、修道院など聖俗の封建領主が、非自由人を含む家人層を従兵、所領管理の補佐人などとして養っていたが、そのなかの上層のものが13世紀ごろから、地位の上昇によって士族身分を形成した。彼らは主人から軍役の代償として封地(ポメスチエ)を与えられた。15、16世紀モスクワ大公のロシア統一を助け、16世紀後半に大公国の有力な社会層となった。17世紀末にはボヤールとの区別がなくなり、貴族一般をさすようになった。農奴の独占的所有者となり、18世紀にはツァーリ権力と一体になり、彼らの黄金時代となった。農奴解放後も勢力をもっていたが、ロシア革命によりその特権を喪失して消滅した。[伊藤幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドボリャンストボの関連キーワードツァーリズム

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android