ドメイン名(読み)どめいんめい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ドメイン名

インターネット上のホストに付ける名前のこと。ドメイン名は、DNSによって1つのIPアドレスと対応する。また、ドット(.)で区切られた階層構造を持っている。ドメイン名は「www.ascii.co.jp」のような形式で、wwwやasciiといった「ラベル」をドットで区切り、階層の低い順から表わす。たとえば、この場合は「www」「ascii」「co」「jp」という4つのラベルで構成されている。ドメイン名で、もっともレベルの高いドメインは「ルートドメイン」。これは「.(ドット)」で表わされるもので、上の例であれば「www.ascii.co.jp.」と表わされる。ただし通常のドメイン名では、このドットは省略されている。ルートドメインの次にくるのは「トップレベルドメイン(TLD)」。「jp」の場合、日本という国を表わす。TLDは、jpのような「国別ドメイン(ccTLD:Country Code TLD)」と、国名以外の「com」「net」「org」などといった「汎用ドメイン(gTLD:Global TLD)に分かれる。TLDの次(co)は、セカンドレベルドメイン(SLD)と呼ばれる。さらにSLDの左にある「ascii」はサードレベルドメイン(3LD)で、そのドメイン名を所有する人や企業、団体が申請した任意の名前が付けられる。最後の「www」は、ascii.co.jpという名前のドメインに属するコンピューター(ホスト)を指し示す「ホスト名」と呼ばれるもの。つまり「ascii.co.jp」の部分がドメイン名、「www」はホスト名ということになる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ドメイン‐めい【ドメイン名】

domain name》インターネットに接続するネットワークの組織名を示す言葉。日本では日本レジストリサービス(JPRS)が管理をしている。組織の固有名と組織の種類、国名で構成されている。ドメインネーム。→ドメイン2

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ドメインめい【ドメイン名】

インターネット上でコンピューターや機器を識別するための名前。同じく識別に用いられるIPアドレスは単なる数字の羅列であるため、人間に扱いやすいアルファベットや数字を組み合わせたドメイン名を別名として対応付けている。◇略して「ドメイン」ともいう。また、「ドメインネーム」ともいう。ドメイン名とIPアドレスを対応させる仕組みを「ドメインネームシステム(DNS)」という。⇒DNS

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ドメインめい【ドメイン名】

インターネットに接続されているコンピューターを階層構造のドメインに分別した際に用いられる名称。国別コード(日本は jp)、組織の種別コード(大学は ac、政府関係は go、企業は co など)、ホスト名などから構成される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キログラム原器

メートル法の質量の単位キログラムを定義する人工基準器。国際キログラム原器はパリ郊外セーブルの国際度量衡局に保管された白金-イリジウム合金製の円柱形の分銅である。この合金は酸化などの化学変化や摩滅などの...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドメイン名の関連情報