コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドメイン名 どめいんめい

4件 の用語解説(ドメイン名の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ドメイン名

インターネット上のホストに付ける名前のこと。ドメイン名は、DNSによって1つのIPアドレスと対応する。また、ドット(.)で区切られた階層構造を持っている。ドメイン名は「www.ascii.co.jp」のような形式で、wwwやasciiといった「ラベル」をドットで区切り、階層の低い順から表わす。たとえば、この場合は「www」「ascii」「co」「jp」という4つのラベルで構成されている。ドメイン名で、もっともレベルの高いドメインは「ルートドメイン」。これは「.(ドット)」で表わされるもので、上の例であれば「www.ascii.co.jp.」と表わされる。ただし通常のドメイン名では、このドットは省略されている。ルートドメインの次にくるのは「トップレベルドメイン(TLD)」。「jp」の場合、日本という国を表わす。TLDは、jpのような「国別ドメイン(ccTLD:Country Code TLD)」と、国名以外の「com」「net」「org」などといった「汎用ドメインgTLD:Global TLD)に分かれる。TLDの次(co)は、セカンドレベルドメイン(SLD)と呼ばれる。さらにSLDの左にある「ascii」はサードレベルドメイン(3LD)で、そのドメイン名を所有する人や企業、団体が申請した任意の名前が付けられる。最後の「www」は、ascii.co.jpという名前のドメインに属するコンピューター(ホスト)を指し示すホスト名」と呼ばれるもの。つまり「ascii.co.jp」の部分がドメイン名、「www」はホスト名ということになる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドメイン‐めい【ドメイン名】

domain name》インターネットに接続するネットワークの組織名を示す言葉。日本では日本レジストリサービス(JPRS)が管理をしている。組織の固有名と組織の種類、国名で構成されている。ドメインネーム。→ドメイン2

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ドメインめい【ドメイン名】

インターネット上でコンピューターや機器を識別するための名前。同じく識別に用いられるIPアドレスは単なる数字の羅列であるため、人間に扱いやすいアルファベットや数字を組み合わせたドメイン名を別名として対応付けている。◇略して「ドメイン」ともいう。また、「ドメインネーム」ともいう。ドメイン名とIPアドレスを対応させる仕組みを「ドメインネームシステム(DNS)」という。⇒DNS

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ドメインめい【ドメイン名】

インターネットに接続されているコンピューターを階層構造のドメインに分別した際に用いられる名称。国別コード(日本は jp)、組織の種別コード(大学は ac、政府関係は go、企業は co など)、ホスト名などから構成される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドメイン名の関連キーワードインターネット博覧会インターネットワーキングSLIPホスト名インターネット検索インターネット証券インターネットTVインターネットナンバーインターネットスラングインターネット投資

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドメイン名の関連情報