コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラモンド Drummond, Henry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドラモンド
Drummond, Henry

[生]1851.8.17. スターリング
[没]1897.3.11. タンブリッジウェルズ
スコットランド出身の福音教会派の文筆家,説教者,地質学者,探検家。エディンバラ大学卒業後,グラスゴーの自由教会で科学を教授。 1874~75年にイングランドおよびアイルランドで布教活動に従った。主著『自然界における自然法』 Natural Law in the Spiritual World (1883) では,連続性という科学的原理は精神界にも敷延され,したがってダーウィニズムと啓示宗教が矛盾しないことを説いた。アフリカ探検の地理学的成果を『熱帯アフリカ』 Tropical Africa (88) に発表した。

ドラモンド
Drummond, James

[生]1835.5.14. ダブリン
[没]1918.6.13.
イギリスのユニテリアンの神学者。ダブリン大学トリニティ学寮を終え,1860年説教師となったが,9年後ロンドンのマンチェスター・ニュー・カレッジで聖書神学,歴史神学を教授。彼は教義的自由を説き,キリストを神からの最高の啓示とみなしたが,その復活を否定した。主著『ユダヤの救世主』 The Jewish Messiah (1877) ,『道,真実,生』 Via,Veritas,Vita (94) 。

ドラモンド
Drummond, Thomas

[生]1797.10.10. エディンバラ
[没]1840.4.15. ダブリン
イギリスの技術者,政治家。 1815年王室技術院に入り,20年イギリス国土の三角測量隊に参加。また測量機器の改良に努めた。 35年アイルランド次官 (実質的には最高責任者) となり,公平で自由主義的政治を行なったので,アイルランド人の信望を得た。

ドラモンド
Drummond (of Hawthornden), William

[生]1585.12.13. エディンバラ近郊ホーソンデン
[没]1649.12.4. エディンバラ近郊ホーソンデン
スコットランドの詩人。エディンバラ大学で学び,さらにブールジュとパリに遊学後,ホーソンデンの領地を継いで隠棲。 M.ドレートンの友人で,ロンドンの文学的慣用語を用いた最初のスコットランド詩人の一人。ロンサールなどフランスやイタリアの抒情詩を翻訳し,初恋の女性の早世に霊感を得た情熱的なソネットを含む『詩集』 Poems (1616) によってスコットランドのペトラルカと呼ばれた。 B.ジョンソン来訪 (19) の際の覚え書『対話』 Conversationsは貴重な文献である。

ドラモンド
Drummond, William Henry

[生]1854.4.13. リートリム
[没]1907.4.6. オンタリオ,コバルト
カナダの詩人。フランス系カナダ人の片言英語を取入れたユーモラスな詩篇を多く残した。詩集『アビタン詩篇』 The Habitant (1897) は今日でも広く読まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ドラモンドの関連キーワードアントニオ タブッキスコットランド文学クリスティーズディズマル湿地12月13日ライムライト杉村 陽太郎エッジワースシーニアーオンタリオシーニア

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android