コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドリュオン ドリュオン Druon, Maurice

2件 の用語解説(ドリュオンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドリュオン
ドリュオン
Druon, Maurice

[生]1918.4.23. パリ
フランスの小説家。ケッセルの甥。重厚な3部作『人間の終末』 La Fin des hommes──『大家族』 Les Grandes familles (1948,ゴンクール賞) ,『肉体の堕落』 La Chute des corps (50) ,『地獄での邂逅』 Rendez-vous aux enfers (51) ──のほか,歴史小説『呪われた王たち』 Les Rois maudits (55~60) では,数人による合作の形式を採用,現代のデュマたらんとしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドリュオン
どりゅおん
Maurice Druon
(1918― )

フランスの小説家。パリの生まれ。小説家ジョゼフ・ケッセルの甥(おい)にあたる。第二次世界大戦中、自由フランス軍側で報道にあたり、戦後、文学の道に入る。戦前フランス社会と個人の運命を重ね合わせたパノラマ的小説『人間の終末』La fin des hommes三部作の第一作『大家族』Les grandes familles(1948)でゴンクール賞を受賞、第二作『閥族の崩壊』La chute des corps(1950)、第三作『地獄での邂逅(かいこう)Rendez-vous aux enfers(1951)で文名を確立。ほかに歴史大河小説『呪(のろ)われた王たち』Rois maudits(1955~77)、環境文学として受けとめられてもいる童話『チスト――みどりのおやゆび』Tistou les pouces verts(1968)などがある。やや通俗的なレアリスムで、環境に支配されながらも雄々しく生きようとする人間を描く。保守派政治家でもあり、1973年から1年間文化大臣を務めた。80年代に入ってからは、小説の発表はなく、文化政策などにかかわる論著が目だつ。1966年アカデミー会員となり、86年には終身幹事長となるが、健康を理由に99年その地位を退いている。[小林 茂]
『市原豊太・梅原成四訳『人間の終末 第1部――大家族』上下(1953・新潮社) ▽小沢優子訳『チスト――みどりのおやゆび』(1991・兼六館出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドリュオンの関連キーワードイルドフランスパリジャン三角数ハルパリュケパリのジャンパリ室内管弦楽団パリ大賞パリマラソンDiaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone