コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルゴン Dorgon

世界大百科事典 第2版の解説

ドルゴン【Dorgon】

1612‐50
中国,初の皇族,政治家兼軍人。睿親王。太祖ヌルハチの第14子。太宗の弟。太宗の世に内モンゴルチャハル部,朝鮮に対する征戦や遼西の錦州攻囲戦などに従軍し,戦功によりメルゲンダイチン(聡明の意)の号を賜り,和碩睿親王に封ぜられた。1643年太宗が没すると,その後継者について紛糾が生じたが,太宗の第6子で幼少の順治帝を擁立し,みずからは鄭親王ジルガランとともに輔政王として摂政に就任した。しかし,まもなくジルガランをおさえ,国政の最高権力者として存分に活躍し,入関前後の多端な政局の運営に当たった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドルゴン
どるごん / 多爾袞
Dorgon
(1612―1650)

中国、清(しん)代初めの皇族。太祖ヌルハチの第14子。八旗の一つ(じょう)白旗の和碩貝勒(ホシヨベイレ)として太祖の時代から重きをなしたが、1636年太宗ホンタイジの官制改革に際して和碩睿親(えいしん)王に封ぜられた。43年太宗が没すると太宗の第六子福臨(世祖順治帝)を後嗣に推戴(すいたい)し、彼自身は鄭親(ていしん)王ジルガランとともに輔政(ほせい)王となった。44年征明(みん)に向かったが、明の将軍呉三桂(ごさんけい)の要請をいれて、李自成(りじせい)を駆逐して北京(ペキン)に入城すると、世祖を迎えて都を瀋陽(しんよう)から北京へ移した。彼によって清朝の中国統治の基礎が築かれたといってよい。その後、皇父摂政(せっしょう)王として権力を一身に集めたが、50年、狩猟中カラホトンで没した。死後、義皇帝と追尊され、成宗の廟号(びょうごう)を受けたが、翌年反逆罪に問われて爵位を削られ、宗室から除かれた。しかし、1778年乾隆(けんりゅう)帝によって名誉が回復された。[松村 潤]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のドルゴンの言及

【清】より

…世祖順治帝である。ただ順治帝は6歳の幼帝であったので,叔父ドルゴンが摂政となり,政治,軍事の事実上のリーダーとして権力をにぎった。彼は皇帝継承時の政治的不安定を乗り切って満州族の統一を維持し,人口増と凶作による経済的危機に対処し,あわせて対明関係の打開をはかるべく,八旗の主力を率いて出兵を断行した。…

※「ドルゴン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドルゴンの関連キーワードヌルハチ(奴児哈赤)ホンタイジ(皇太極)スクサハ(蘇克薩哈)ドルゴン(多爾袞)オボイ(鼇拝)ソニン(索尼)呉三桂史可法南明松村

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android