コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドレッド・スコット判決 ドレッド・スコットはんけつ Dred Scott Decision

2件 の用語解説(ドレッド・スコット判決の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドレッド・スコット判決
ドレッド・スコットはんけつ
Dred Scott Decision

1857年3月6日に下された黒人奴隷ドレッド・スコットをめぐるアメリカ連邦最高裁判所の判決。スコットは主人に伴われて自由州イリノイや 20年のミズーリ妥協で奴隷制を禁止されたミネソタ准州に住んだことから,自分とその家族は自由の身になったとして,57年2月連邦裁判所に提訴した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドレッド・スコット判決
どれっどすこっとはんけつ

アメリカの連邦最高裁判所が1857年に下した奴隷制支持の判決。奴隷であったスコットDred Scott(1795ころ―1858)をめぐる裁判で、彼が合衆国市民でもミズーリ州の市民でもなく、連邦裁判所に訴える権利はなく、また北緯36度30分以北における奴隷制を禁止したミズーリ互譲法Missouri Compromise Actは違憲、無効である、という内容のものであった。
 ミズーリ州の陸軍軍医の奴隷スコットは、1834年に主人とともにイリノイ州へ移ったが、さらに36年ルイジアナ準州へ、そして38年にふたたびミズーリ州へ戻った。その間、彼の主人は、軍医の未亡人、ついでニューヨーク州のサンドフォードSandfordに変わった。このサンドフォードによって加えられた暴行に対し、スコットは、自由州での居住により自由人となり奴隷ではないから、暴力による侵害が成立するとして損害賠償を求め、提訴していた。南北戦争前夜に下された、奴隷制を積極的に支持する形のこの判決は、アメリカ史のなかでも汚点を残した判決の一つである。しかし、この判決は南北戦争後の憲法修正(1866)によって否定された。[上田伝明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドレッド・スコット判決の関連キーワード黒人奴隷黒人霊歌アンクルトムの小屋奴隷労働ブードゥー教賃金奴隷奴隷制漕げよマイケルドレッド・スコット事件黒人逃亡奴隷

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone