ドレーパー(読み)どれーぱー(英語表記)Henry Draper

日本大百科全書(ニッポニカ)「ドレーパー」の解説

ドレーパー
どれーぱー
Henry Draper
(1837―1882)

アメリカの天文学者天体写真の創始者。バージニア州に生まれ、1854年父が化学教授を務めるニューヨーク大学医学部に入学。1857年イギリス旅行でロスの観測所を訪ねた際、天文学と写真術との結合を着想する。1858年学位を受け、病院勤務。1860年ニューヨーク大学教授。1866年同大学医学部長。教育のかたわら写真の実験やガラス鏡の製作に精進し、1863年私設天文台で月の表面の写真撮影を行い、1864年天体写真術の経験を著述した。

 1872年ベガ星、1878年日食の際のコロナ、1880年オリオン大星雲、1881年彗星(すいせい)を撮影、これら天体スペクトル写真の元祖ともいえる業績はハーバード天文台で『ドレーパー星表』として集大成された。

[島村福太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ドレーパー」の解説

ドレーパー
Draper, Lyman Copeland

[生]1815.9.4. ニューヨーク
[]1891.8.26.
アメリカ,ウィスコンシン州歴史協会の創設者。アメリカで公的でない重要な文献史料を収集した最初の人。グランビル大学で学び,18世紀の西部 (アレゲニー地方) の開拓者たちに関する史料を求めて国内を旅行。 1852年ウィスコンシンに移り,州歴史協会を設立し,その会長をつとめた (1854~86) 。初め 50冊であった蔵書が,彼の引退時には 11万冊を数えたという。『ウィスコンシン史料集』 Collections (10巻) を編纂

ドレーパー
Draper, Ruth

[生]1884.12.2. ニューヨーク
[没]1956.12.30. ニューヨーク
アメリカの女優。自分で執筆した寸劇を1人で舞台で演じた。最小限装置小道具扮装によって,1人の人物独白で,ときには架空の何人かを相手にしながら演じ分け,ニューヨーク,ロンドンをはじめ各地で好評を得て,独白演技者 (モノロギスト) として名声を博した。死後,『ルース・ドレーパーの』 The Art of Ruth Draper (1960) が出版された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「ドレーパー」の解説

ドレーパー Draper, Charlotte Prinkney

1832-1899 アメリカの教育者。
明治22年(1889)宣教師の夫とともに来日。夫の死後,流しの女按摩(あんま)の身の上話をきき,盲人教育をおもいたつ。23年盲人福音会(現横浜訓盲院)を,28年函館訓盲院(現函館盲学校)を設立した。明治32年4月13日函館で死去。67歳。コネティカット州出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「ドレーパー」の解説

ドレーパー【Henry Draper】

1837‐82
アメリカの医学者,天文学者。1872年よりニューヨーク市立大学の教授となる。イギリス留学中に発達中の写真術を習得し,帰国後これを趣味の天文観測に応用した。自作の71cm反射望遠鏡によって月などを撮影,72年にはプロの天文家に先だって星のスペクトルを初めて写真撮影した。初めは湿板写真,80年以後は乾板を用いた。82年急に病死したが,遺産の大部分はハーバード大学天文台に寄付され,ドレーパー記念資金として星のスペクトルの研究を支援することとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android