コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湿板写真 しっぱんしゃしんwet collodion process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湿板写真
しっぱんしゃしん
wet collodion process

1851年イギリスの彫刻家 F.アーチャー (1813~57) が発明した写真法。銀板写真法などに比べ,操作が簡便,経費も安く,仕上がりもよかったので,写真普及の先駆となった。日本では「なま撮り写真」「ガラス写真」とも呼ばれ,明治年間に一般に広まった。ガラス板に塗布したヨウ化銀コロジオン膜が,湿っていて感光性を失わない間に撮影するので,湿板写真と呼んだ。のち,乾燥後も感光度を失わない感光材料が発明され,これを乾板と呼んだ。写真製版でも,近年専用のリスフィルムができるまで,湿板写真が使われていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

湿板写真【しっぱんしゃしん】

1851年英国のF.S.アーチャーの発明した写真法。ヨウ化物を分散させたコロジオンをガラス板に塗り,硝酸銀溶液に浸してヨウ化銀を生成させて感光材料とする。湿っているうちに撮影し,硫酸第一鉄溶液で現像,シアン化カリウム溶液で定着してネガを得る。
→関連項目写真定着液

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しっぱんしゃしん【湿板写真 wet collodion process】

ヨウ化銀コロジオン乳剤を使う写真法の一つ。〈しつばん〉ともコロジオン(ニトロセルロースをエーテルに溶解したもの)を乳剤の結合剤とし,これにヨウ化銀微結晶を分散してコロジオン写真乳剤を作る。この乳剤をガラス板に塗布し,余滴を落として乾かさない(このことから湿板の名がある)でカメラに装置して写真を撮影する。このため,湿板写真では撮影者が使用直前にコロジオン乳剤を調合して感光材料を準備する必要がある。撮影後は湿板を硫酸第一鉄などの溶液を現像液として現像する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

湿板写真の関連キーワードガードナー(Alexander Gardner)マイブリッジドレーパー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湿板写真の関連情報