コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湿板写真 しっぱんしゃしん wet collodion process

3件 の用語解説(湿板写真の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湿板写真
しっぱんしゃしん
wet collodion process

1851年イギリスの彫刻家 F.アーチャー (1813~57) が発明した写真法。銀板写真法などに比べ,操作が簡便,経費も安く,仕上がりもよかったので,写真普及の先駆となった。日本では「なま撮り写真」「ガラス写真」とも呼ばれ,明治年間に一般に広まった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

湿板写真【しっぱんしゃしん】

1851年英国のF.S.アーチャーの発明した写真法。ヨウ化物を分散させたコロジオンガラス板に塗り,硝酸銀溶液に浸してヨウ化銀を生成させて感光材料とする。湿っているうちに撮影し,硫酸第一鉄溶液で現像,シアン化カリウム溶液で定着してネガを得る。
→関連項目写真定着液

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しっぱんしゃしん【湿板写真 wet collodion process】

ヨウ化銀コロジオン乳剤を使う写真法の一つ。〈しつばん〉ともコロジオン(ニトロセルロースエーテルに溶解したもの)を乳剤の結合剤とし,これにヨウ化銀微結晶を分散してコロジオン写真乳剤を作る。この乳剤をガラス板に塗布し,余滴を落として乾かさない(このことから湿板の名がある)でカメラに装置して写真を撮影する。このため,湿板写真では撮影者が使用直前にコロジオン乳剤を調合して感光材料を準備する必要がある。撮影後は湿板を硫酸第一鉄などの溶液を現像液として現像する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湿板写真の関連キーワード写真乳剤増感ダゲレオタイプ感光乳剤コロジオンハロゲン化銀沃化銀オンコロジー白銀ころばしコロジオン写真乳剤

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湿板写真の関連情報