コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湿板写真 しっぱんしゃしんwet collodion process

3件 の用語解説(湿板写真の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湿板写真
しっぱんしゃしん
wet collodion process

1851年イギリスの彫刻家 F.アーチャー (1813~57) が発明した写真法。銀板写真法などに比べ,操作が簡便,経費も安く,仕上がりもよかったので,写真普及の先駆となった。日本では「なま撮り写真」「ガラス写真」とも呼ばれ,明治年間に一般に広まった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

湿板写真【しっぱんしゃしん】

1851年英国のF.S.アーチャーの発明した写真法。ヨウ化物を分散させたコロジオンガラス板に塗り,硝酸銀溶液に浸してヨウ化銀を生成させて感光材料とする。湿っているうちに撮影し,硫酸第一鉄溶液で現像,シアン化カリウム溶液で定着してネガを得る。
→関連項目写真定着液

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しっぱんしゃしん【湿板写真 wet collodion process】

ヨウ化銀コロジオン乳剤を使う写真法の一つ。〈しつばん〉ともコロジオン(ニトロセルロースエーテルに溶解したもの)を乳剤の結合剤とし,これにヨウ化銀微結晶を分散してコロジオン写真乳剤を作る。この乳剤をガラス板に塗布し,余滴を落として乾かさない(このことから湿板の名がある)でカメラに装置して写真を撮影する。このため,湿板写真では撮影者が使用直前にコロジオン乳剤を調合して感光材料を準備する必要がある。撮影後は湿板を硫酸第一鉄などの溶液を現像液として現像する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

湿板写真の関連キーワードリゴレットギュツラフ真葛長造気成電気万国博覧会ミシン万国博覧会万博EXPO

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湿板写真の関連情報