ドロミュー(英語表記)Dolomieu, Dieudonné

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドロミュー
Dolomieu, Dieudonné

[生]1750.6.23. ドーフィネ,ドロミュー
[没]1801.11.16/28/29. サオネロワール,シャトーヌフ
フランスの地質学者,鉱物学者。別称 Déodat de Gratet de Dolomieu。貴族の家柄の出身で,軍務につき,フランス国内各地,イタリア,スペインを転々とし,各地の地質,鉱物を調査した。特にピレネー,アルプス,シチリアでの研究が重要。パリの高等鉱山学校の博物学教授 (1794) ,鉱山局技師 (95) 。 1798年にはナポレオンに従ってエジプトに遠征。晩年はとらわれて獄死。海底火山,溶岩などの研究により,当時の火成論発展に貢献。ドロマイトは彼の名にちなんでいる。主著『鉱物の哲学および鉱物の種類について』 Sur la philosophie minéralogique,et sur l'espèce minéralogique (1801) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android