コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロミュー Dolomieu, Dieudonné

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドロミュー
Dolomieu, Dieudonné

[生]1750.6.23. ドーフィネ,ドロミュー
[没]1801.11.16/28/29. サオネロワール,シャトーヌフ
フランスの地質学者,鉱物学者。別称 Déodat de Gratet de Dolomieu。貴族の家柄の出身で,軍務につき,フランス国内各地,イタリア,スペインを転々とし,各地の地質,鉱物を調査した。特にピレネー,アルプス,シチリアでの研究が重要。パリの高等鉱山学校の博物学教授 (1794) ,鉱山局技師 (95) 。 1798年にはナポレオンに従ってエジプトに遠征。晩年はとらわれて獄死。海底火山,溶岩などの研究により,当時の火成論発展に貢献。ドロマイトは彼の名にちなんでいる。主著『鉱物の哲学および鉱物の種類について』 Sur la philosophie minéralogique,et sur l'espèce minéralogique (1801) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドロミューの関連キーワードドロミーティ山地エリー カルタンドロミティ山地ドロミティ山脈ドロミティカルタン苦灰岩苦灰石