ドロン・ワーク(読み)ドロンワーク

百科事典マイペディアの解説

ドロン・ワーク

ドロン・スレッド・ワークdrawn thread workの略。刺繍(ししゅう)の一種で,布の織糸を抜き,残った糸をまとめたりかがったりして模様を表す。布地は麻や木綿が使われ,糸は刺繍糸や毛糸などが用いられる。おもにテーブルクロス,ハンカチーフ,ブラウスなどに応用。ヨーロッパで13世紀以来行われ,カットワークとともにレースが生まれるもととなった。
→関連項目刺繍

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android