コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドンゲン ドンゲンDongen, Kees van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドンゲン
Dongen, Kees van

[生]1877.1.26. ロッテルダム近郊デルフスハーフェン
[没]1968.5. モンテカルロ
オランダ生れのフランスの画家。本名 Cornelis Theodorus Maria Dongen。ロッテルダムの装飾美術学校に学び,1897年パリに出て,1927年フランスに帰化。 1906年フォービスムの運動に参加し,激しい原色を用いて寄席の芸人などを描く。のちにドイツ表現主義の「ブリュッケ」に参加。第1次世界大戦後は軽妙なタッチでパリの花形肖像画家となり,冷酷な観察眼を通して A.フランスなど多くの著名人,女優の肖像を描いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ドンゲン【Kees van Dongen】

1877~1968) オランダ生まれのフランスの画家。どぎつい色彩で女性の肖像画を描いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドンゲン
どんげん
Kees van Dongen
(1877―1968)

フランスの画家1月26日オランダのデルフスハーベンに生まれる。1897年、早熟の画才を抱いてパリに出て、荷造り運搬人、ペンキ職、似顔絵描き、風刺雑誌の挿絵画家として働く。この間、印象派、ロートレック、スタンランなどの影響を受ける。またモンマルトルの芸術家の家バトー・ラボワール(洗濯船)に住み、ピカソと知る。1906年、フォービスムの運動に加わり、コントラストの強い厚塗りの鮮烈な色彩で、夜の世界の踊り子、道化、裸婦などを描き、一時期ドレスデンの「ブリュッケ(橋)」グループとも接触した。20年代のパリで彼は売れっ子の肖像画家となり、各界名士の像を多数描いた。それらは、かつての白痴美の女性像のように、しばしばモデルの内面の空虚をあらわにしている。68年5月28日モナコで没。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドンゲンの関連キーワードサロン・デ・チュイルリーエコール・ド・パリオランダ美術モンドリアン長谷川 昇

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドンゲンの関連情報