ナイアガラ・フォールズ(アメリカ合衆国)(読み)ないあがらふぉーるず(英語表記)Niagara Falls

  • アメリカ合衆国
  • ナイアガラ・フォールズ

翻訳|Niagara Falls

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカ合衆国、ニューヨーク州西部のナイアガラ川に臨む都市。人口5万5593(2000)。ナイアガラ滝に近いことから、古くから観光・行楽都市として発展し、鳥獣保護公園など州立公園も多い。また、工業の発達も目だち、電気化学、電気冶金(やきん)関連企業の進出が多い。1890年にスタートした水力発電所は世界最古の一つである。1892年、ナイアガラ・フォールズとサスペンション・ブリッジの2村が合併してナイアガラ・フォールズ市が誕生、ナイアガラ川を挟んで、カナダのオンタリオ州の同名都市と対向する。ナイアガラ大学の所在地。

[作野和世]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android