コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイルワニ ナイルワニCrocodylus niloticus; Nile crocodile

4件 の用語解説(ナイルワニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナイルワニ
ナイルワニ
Crocodylus niloticus; Nile crocodile

ワニ目クロコダイル科。全長 6mに達する大型のワニ。本来は淡水生であるが,汽水,海水中でも生活する。体背面は暗緑黄色。吻は長く,背面から見て長三角形で,歯は口を閉じたときも外部から見える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ナイルワニ

クロコダイル科に属する代表的なワニ。全長7mに達する。吻(ふん)は長く,隆条は明瞭ではない。暗灰青色。アフリカマダガスカルコモロ諸島などに分布。沼湖や川にすみ,成体は海に出ることもある。
→関連項目クロコダイルワニ(鰐)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナイルワニ【Nilotic crocodile】

クロコダイル科に属する代表的なワニ(イラスト)。別名アフリカワニ。北西部を除くアフリカの大部分およびマダガスカルに分布。全長4~6m,最大は7mに達し,現生のワニでは最大種の一つ。淡水性で,河川,湖沼のほか汽水域や海岸にも見られる。餌はレイヨウ類などの大型哺乳類や水鳥,魚で,腐肉をも食べ,若い個体はカエル,昆虫,甲殻類などをとらえる。夜間,水辺に水飲みにくる動物を待伏せして襲うが,岸辺の魚群や水鳥の巣を積極的にねらうこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナイルワニ
ないるわに
Nilotic crocodileAfrican crocodile
[学]Crocodylus niloticus

爬虫(はちゅう)綱ワニ目クロコダイル科のワニ。別名アフリカワニ。北西部を除くアフリカの大部分およびマダガスカル島に分布。全長4~6メートル、最大7メートルに達し、現生ワニ類では最大種の一つ。ナイル川、コンゴ川をはじめ淡水の河川や湖沼に生息し、一部は汽水域や海岸にも及んでいる。集団で生活し、昼間は岸辺で日光浴をする。夜、水に入り、岸辺に水を飲みにくるカモシカなどの哺乳(ほにゅう)類を襲って水死させるが、複数が協力し互いに逆方向に回転して獲物をかみ切ることもある。そのほか水鳥や魚などをとらえ、幼体ではカエル、甲殻類、昆虫などを餌(えさ)とする。雌は岸辺に砂や枯れ枝で巣をつくり16~80個ほどを産卵し、傍らで守るが、オオトカゲなどに盗まれることもある。母ワニは子ワニの孵化(ふか)を助け、口で運んで安全な水中に移す。人間にも危険であるが、地域によっては信仰対象として保護している。古代エジプトでは聖なる神の使者とされていた。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のナイルワニの言及

【クロコダイル】より

ワニ【松井 孝爾】。。…

【クロコダイル】より

…クロコダイル属Crocodylusは10種を含むワニ類中最大のグループで,大型種はすべて本属に入る。すなわち,全長の最大が7mに達するものに,熱帯アジアからオーストラリア北部に分布するイリエワニC.porosus(イラスト),熱帯アメリカに分布するアメリカワニC.acutus,オリノコワニC.intermediusおよびアフリカ・マダガスカル産のナイルワニC.niloticus(イラスト)があり,次いでヌマワニC.palustrisの5mで,他は3m前後である。これら大型種の中でもとくに人に危険な種はイリエワニとナイルワニくらいで,後者も地方によっては安全とされる。…

※「ナイルワニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナイルワニの関連情報