ナスル朝(読み)ナスルちょう(英語表記)Naṣr

  • Nar
  • Nasr
  • ナスル朝 Naṣr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スペインの最後のイスラム王朝 (1232~1492) 。創始者ムハンマド1世 (在位 1232~73) はカスティリア王国北アフリカマリーン朝に款を通じて同朝の基礎を固めた。首都グラナダは,スペイン各地で滅びたイスラム諸王国の学者の集るイスラム文明の一中心地として栄え,歴史家イブン・ハルドゥーンも一時,同朝の外交官として活躍した。グラナダのアルハンブラ宮殿イスラム建築の粋とうたわれている。スペインのキリスト教諸国が連合して強力になると同朝は次第に圧迫され,多くのイスラム教徒が北アフリカに逃れてスペイン=イスラム文化を移植した。 1492年グラナダがついにキリスト教徒の手におち,最後の君主モロッコに亡命して同朝は滅亡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イベリア半島最後のイスラム王朝(1230年―1492年)。キリスト教徒の国土回復戦争(レコンキスタ)によりコルドバが奪われた後,ナスル族のムハンマドがグラナダに建てた王朝で,その国家をグラナダ王国という。グラナダにはアルハンブラ宮殿を建立し,西方イスラム文明の中心地として繁栄したが,1469年のアラゴンとカスティリャの合併により勢力を増したキリスト教徒に敗れ,1492年ついにグラナダを明けわたし,最後の王家のボアブディル一族はモロッコへ逃亡した。
→関連項目グラナダ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イベリア半島最後のイスラム王朝。1230‐1492年。首都名をとってグラナダ王国ともいう。カスティリャ王国納しながら,北方のキリスト教徒と北アフリカのイスラム教徒(ムスリム)との力の均衡を保つという巧みな外交政策により独立を保った。イスラム国家という意識が強く,キリスト教徒支配地からのムスリム亡命者を保護し,アラビア語を唯一の公用語とした。国家は集約的農業,手工業交易により繁栄し,学芸を保護したので,イブン・アルハティーブのような偉大な学者が輩出し,また首都グラナダにアルハンブラ宮殿が建てられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イベリア半島最後のイスラム王朝(1232~1492)。首都名をとってグラナダ王国ともいう。半島からムワッヒド朝の勢力が消滅後、コルドバやセビーリャがキリスト教徒の手に落ちたので、ムハンマド1世はカスティーリャの王への貢納に同意しつつグラナダに建国した。北方のキリスト教諸国とモロッコのマリーン朝との力の均衡を保つという巧みな外交政策により独立を維持した。イスラム国家としての意識が強く、キリスト教徒支配地からのムスリム亡命者を保護し、アラビア語を公用語とした。西方イスラム文明の中心地として学問、芸術の輝きは失われず、ワジール(宰相)でもあったイブン・アルハティーブらの偉大な学者を輩出し、またアルハンブラ宮殿が建てられた。アラゴンとカスティーリャ両国の合併で勢力を強めたキリスト教徒によって滅ぼされた。歴史家イブン・ハルドゥーンは一時この王朝の使臣として仕えた。[私市正年]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1230〜1492
イベリア半島最後のイスラーム王朝
首都名をとってグラナダ王国ともいう。ムハンマド1世の建国。アルハンブラ宮殿などすぐれた芸術を残した。北アフリカのベルベル人と通じ,カスティリャ王国にも朝貢し,スペインの封建勢力の抗争を利用して勢力を維持,1492年グラナダ陥落で北アフリカに亡命した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android