コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナッカーラ naqqāra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナッカーラ
naqqāra

膜鳴楽器の一種。イスラムの世界およびその影響圏でみられる釜形の胴に皮を張った一面鼓。常に2つ1組で用いられ,皮紐で皮面を締めつけ,それぞれの音高を調律し,2本の桴 (ばち) で打奏される。トルコではナカーレと呼ばれ,インドではナガラーと呼ばれる。ヨーロッパにもたらされティンパニの基になった。中国にも伝わり那鳴喇と呼ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ナッカーラ

西アジアの2個一組の小型鍋型太鼓金属や木などの胴に皮膜を張って紐で締めてある。二つの太鼓は大きさも音高も異なり,つないだり木枠に入れたりして,2本の細い棒で打つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナッカーラ【naqqāra[アラビア]】

西アジアの小型の鍋形締太鼓。胴は金属あるいは木や土製で,1枚の革を張り,紐で締める。普通1対で使われ,2個のサイズは多少違えてあって音に高低をつけるが,決まった音高はない。1対を木枠に入れたりつないだりして,2本の細い棒(桴(ばち))で打つ。おもに合奏で用いる。 トルコでは伝統的軍楽の中で2個を結んでつなげたナッカラnakkaraを左肩と腕でささえて持ち,2本の細い棒で打つ。この奏者のことをナッカラゼンnakkarazenと呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナッカーラ
なっかーら
naqqra

一対の釜(かま)形太鼓の一種。通常、木製または金属製の胴体に革を張り、革紐(ひも)で締め付けてある。一方が高音用、もう一方が低音用である。2本の桴(ばち)を使用し、細かく複雑なリズムを奏するのに特色がある。宗教音楽や軍楽に用いられる。同類の楽器はイスラム文化圏を中心に広く分布しており、地域によって名称や楽器の形態が異なる。たとえばインドのラージャスターン地方のナッカーラーnaqqr、トルコの軍楽で使われるナカラゼンnakarazenなど。また13世紀には、ネーカーnaker、ナケールnacairesという名称でヨーロッパに伝わり、ティンパニの原型となった。[田井竜一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のナッカーラの言及

【イーカーア】より

…このリズム型を意味するのにワズンwazun,ダルブḍarbの語が用いられることもある。リズムを打つ楽器には,タブラナッカーラなどがある。【粟倉 宏子】。…

【ティンパニ】より

…革を張っただけの時代,ねじによる方法は16世紀ころ,1ヵ所のねじで全体の音程を変えられるマシーン式は1812年ころ,胴自体を回すロータリー式は1820年ころ,ペダル操作による方法は1850年ころで,これにより速やかに音程を変えられ,グリッサンド奏法も可能となり演奏表現は豊かになり技術も高度になった。 ティンパニの起源はアラビアに伝わるナッカーラとされている。11世紀トルコの軍隊が馬の背の左右に振り分け木の桴で打っていたものを十字軍がヨーロッパに持ち帰って以来王侯貴族の軍隊に広まったといわれる。…

※「ナッカーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナッカーラの関連キーワードアラビア音楽ノーバト西アジア膜鳴楽器

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android