コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナナホシテントウ ナナホシテントウ Coccinella septempunctata; seven-spotted ladybird beetle

4件 の用語解説(ナナホシテントウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナナホシテントウ
ナナホシテントウ
Coccinella septempunctata; seven-spotted ladybird beetle

鞘翅目テントウムシ科。体長 8mm内外。体は半球形で頭部はほとんど前胸の下に隠れる。前胸背は黒色で,前縁両側に眼のようにみえる黄白色斑がある。頭部や体下面は黒色。上翅は橙黄色で,左右それぞれに4個ずつ黒色斑があるが,そのうちの1個ずつは基部近くの縫合線上にあり,合わさって1個の円紋にみえるのでナナホシの名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナナホシテントウ

テントウムシ科の甲虫の1種。体長8mm内外,円形。赤色で7個の黒紋がある。日本全土,アジアヨーロッパに広く分布。幼虫・成虫ともにアブラムシアリマキ)を食べる益虫で,年数回発生,成虫で越冬。
→関連項目テントウムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナナホシテントウ【seven‐spot ladybird】

甲虫目テントウムシ科の昆虫(イラスト)。赤色の上翅に中央にある左右の紋を1個と数えて7個の黒色の斑紋があるのでこの名がある。体は黒色で体長8mm内外。日本各地のほか,中国,朝鮮半島などにも分布する。本種の原亜種はヨーロッパからアジアにかけて分布し,黒紋が小さいことからコモンナナホシテントウと呼ばれる。4月ころから出現し,アブラムシ類(アリマキ)を捕食する。アブラムシがいる植物に産卵。1卵塊は20~40個が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナナホシテントウ
ななほしてんとう / 七星瓢虫
[学]Coccinella septempunctata

昆虫綱甲虫目テントウムシ科に属する昆虫。日本全土に普通にみられる代表的なテントウムシの1種で、シベリア、中国などを経てヨーロッパまで広く分布する。体長約8ミリメートル、半球形で黒く、上ばねは橙(だいだい)色で7個の黒紋がある。国外の個体は普通、黒紋が小さく、コモンナナホシテントウとよばれる。成虫・幼虫とも諸種のアブラムシを食べる益虫である。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のナナホシテントウの言及

【テントウムシ(天道虫)】より

…成虫,幼虫の食性はアブラムシ類,カイガラムシ類,キジラミ類などを捕食する食肉性,植物の葉に白渋病やすす病をおこさせるカビ類を食べる食菌性,ジャガイモやアザミなどの葉を食べる食葉性に大別できる。しかし多くの種類は食肉性で,アブラムシ類を食べるナミテントウ,ナナホシテントウCoccinella septempunctata(イラスト),カイガラムシ類を食べるヒメアカホシテントウChilocorus kuwanaeなどはその代表的な種である。ベダリアテントウRodolia cardinalisは果実の害虫イセリアカイガラムシを食するため,天敵としてオーストラリアから輸入され,今日では本州以南に広く分布する。…

【テントウムシ(天道虫)】より

…成虫,幼虫の食性はアブラムシ類,カイガラムシ類,キジラミ類などを捕食する食肉性,植物の葉に白渋病やすす病をおこさせるカビ類を食べる食菌性,ジャガイモやアザミなどの葉を食べる食葉性に大別できる。しかし多くの種類は食肉性で,アブラムシ類を食べるナミテントウ,ナナホシテントウCoccinella septempunctata(イラスト),カイガラムシ類を食べるヒメアカホシテントウChilocorus kuwanaeなどはその代表的な種である。ベダリアテントウRodolia cardinalisは果実の害虫イセリアカイガラムシを食するため,天敵としてオーストラリアから輸入され,今日では本州以南に広く分布する。…

※「ナナホシテントウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナナホシテントウの関連キーワードテントウムシダマシ牙虫象虫偽瓢虫豆象虫塵芥虫瓢虫カメノコテントウゾウムシ(象虫)テントウムシ(天道虫)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナナホシテントウの関連情報