コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナハル Nakhl

デジタル大辞泉の解説

ナハル(Nakhl)

オマーン北部の町。ハジャル山地の麓に位置する。古くからオアシス都市として栄え、ナツメヤシ柑橘類の生産が盛ん。イスラム以前に築かれたとされるナハル砦があることで知られる。また近隣にアインアットワラという温泉がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ナハルの関連キーワード武装組織ファタハ・イスラムとレバノン政府軍の戦闘ワディ・ファラー遺跡ファタハ・イスラムハルシャギクシェリフ川レバノン死海文書死海写本

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナハルの関連情報